新車ドライブ 瓦そばと和菓子とモフ猫

3868.jpg

3870.jpg


川棚に来たので川棚温泉の『たかせ』で名物の瓦そばを食べて帰る事に

瓦そばとは熱々に熱した瓦の上に茶そばが乗っかっているという奇天烈な食べ物

食べている間に瓦に面している茶そばはパリパリになって違う食感を楽しめる。

山口県の名物としてごくたまにテレビなんかでも紹介されるが正確には県西部、川棚の名物だ

僕が初めて瓦そばを口にしたのは30過ぎてから

たぶん日本全国の名物というやつもその多くが地元県民からしたらそういうものだろう

ちなみに『たかせ』は瓦そばと言えば断トツでここ!という瓦そば発祥の店である

と、言うかここ以外の店を僕は知らない



続きはmoreへ
よろしかったらmoreへどうぞー












3869.jpg

3871.jpg

たかせに行くならあそこに寄って行こうと近くの和菓子屋に寄った

前回来た時にたまたまぶらりと寄ってみた和菓子屋だがおいしくて僕も恋人も気に入った店だ

ちっとも愛想を振りまかない無愛想な女将がどれにしようかと選んでいると

割と早いタイミングで「決まりましたか?」と急かしてくる

ニコリともしないもんだからそのプレッシャーは強烈だ

飲食店のみならず物流などすべての業界が過剰サービスの現代において

逆に新鮮でおもしろいと感じた和菓子屋だ

もちろんこの日もちっとも愛想を振りまかないし

この日も割と早いタイミングで・・・

いや、もしかしたら前回よりも早いタイミングで「決まりましたか?」と急かしてきた

二回目の今回は「いや・・・まだ決まって・・・ない・・・ですね」と申し訳なさげに返してみたが

それから少しばかりの間を置いて「決まりましたか?」と返ってきた

僕は背を向けて笑いを堪えるのに必死だった

おもしろいと感じる一方でもう少し選ぶ時間をくれ、というのが正直なところ





3872.jpg

でも和菓子屋さんの横の空き地ではご飯を待ってるノラ猫達がいたので

女将さんはたぶん怖い人ではないと思う

次回訪れた際は

「クセがすごい」

これを返してやりたい

そう思いながら帰路についた

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/763-84b6b81c

Comment

トロきな | URL | 2017.07.15 06:59 | Edit
成程、atushiさん!つまりはドMな訳ですね
許される事なら、その女将をもっと待たせてみたい・・・
話しの流れから、ネコ達のお世話をする位だから根は良い方なんでしょう、それでも女将もプロ、今更キャラを変えられないんでしょうねww
atushi | URL | 2017.07.16 16:05
> トロきなさん

残念トロきなさん、僕はドSです。
今週も仕事のストレスは同僚をイジリ倒して乗り切りました(笑)

しかしこの女将の圧にはちょいと敵いませんでした。
有無を言わさぬプレッシャー。
対等に渡り合うには同じような世代のおばちゃん連中にしか無理かと(笑)
kozoh55 | URL | 2017.07.17 17:59
こんにちは、3連休中のatushiさん。(たぶん)
写真と文章の掛け合い漫才のようなテンポが好きで
いつもお邪魔しています。
ほんとは写真での猫と恋人さんの遊んでる姿のコメントが
あるかなあと思っているうちに記事が終わる、、、
そうかあ、もふ猫ねえ、と、
それにしても2枚目と4枚目のじゃれた猫の姿を見て
飼い猫だってなかなかしてくれないよなあとか、
うちのにゃおじろうはじいさんだけどやってくれるかなあと
考えてしまうkozoh55ですよ。
いつもありがとうございますatushiさん、またお邪魔します。
atushi | URL | 2017.07.17 22:46
>kozoh55さん

こんばんは、3連休中のkozoh55さん。(たぶん)
3連休?なんですかそれは?関東だけの祝日ですか?のatushiです。。。

書きたい事を書いていると写真については語れない事が多いです。
逆もまたしかり。
写真だけを載せるスタイルのブログにしときゃよかった・・・

やけに人懐っこいモフ猫。
この後、仰け反りすぎて後ろ向きに倒れてしまいました。
こんなの飼い猫だってやらないかもしれませんね。
猫のいる生活、ちょっと羨ましいです。
こちらこそいつもありがとうございます、また遊びに寄ってくださいませ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
画像の無断転用ご遠慮ください

お問い合わせありましたらお気軽に

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: