スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日、元旦は瀬戸内の島々でのんびりと⑦ とびしま海道へ

3822.jpg
Nikon FM3A

地元の紫陽花の名所、通称あじさい寺へ

梅雨入りしたというのにまったく雨が降らない今年の梅雨

紫陽花の咲きが悪いったらありゃしない

入場料の200円がひどく損した気分

まぁ、お寺にあがって縁側に腰掛けてまったりしてた時間はよかったかな

200円をかけてのんびりしたなんてちょっと贅沢した気分だよ



長々続いてる大晦日、元旦旅の最終回
続きはmoreへ
長くなるのでお時間よろしかったらmoreへどうぞー











3823.jpg

さて、2年前に訪れた御手洗でやり残した事の2つ目を済まそうと廃校となっている元小学校のグラウンドへ。

まさか元旦からキャッチボール兄弟がいるとは・・・。

小さなグランドを縦断して裏手の山の前で立ち尽くす僕達。

僕は僕で黙って恋人の顔を見つめていて、恋人は恋人でだまって僕の顔を見つめていた。

なにもここでキスしようってんじゃない。

どうすんだ?やめるなら今だぞ?やめるって言おうよ、めんどくさいからやめようかって言ってくれ。

多分、お互いに相手からそう言い出してくれる事を期待していたんだと思う。

2年前に訪れた御手洗でもここで立ち尽くした。

あの時は小雨が降っていた・・・小雨を言い訳に登るのをやめた。

そう、ここから登ると遊女達のお墓と展望台に繋がっているようなんだ。

立ち尽くしたままでいるとちょうど上から人が降りてきた、おじさんだ。

こんにちは、と挨拶をしてから「もしかして登られました?キツかったです?」と聞いてみた。

登ってきたよ、うーん・・・結構キツいよ、とおじさんはちょっとだけ意地悪そうにニヤリと言った。

意地悪そうなニヤリで僕はすべてを理解した。

理解はしたが自分達より年上のおじさんが登ったのなら僕らも登らない訳には行かない。

キツかったです?なんて聞いておいて逃げ出す訳には行かない。

負け犬は喰われるだけだ。





3824.jpg

不均等で登りにくい階段や坂道をある程度登ると舗装された道に出た・・・と記憶している。

ぐへぇー、キツい。

すでに足はパンパン。

えー、あの上まで登るん?

さっきのおじさんのちょっと意地悪そうなニヤリ。

あれは行ってみたら分かるよ、俺と同じ苦しみを味わえよって顔だよ。

だって僕が同じ立場だったとしたらそう思うし、その気持ちが顔に表れたはずだよ。

意地悪そうなニヤリ顔として。





3825.jpg

こんな所になる蜜柑にまで『盗らないでください』と注意書きの立て看板が。

まったくもってこの辺りの島々の蜜柑は盗難の危機に常に晒されているようだ。

蜜柑栽培が盛んなこの辺りの島々は収穫期には蜜柑色に染まった島を『黄金の島』と呼んでいたようだ。

昔のネーミングセンスは単純明快にしてセンスもいい。





3827.jpg

なかなかの絶景、ワッショイ。
(ワッショイに特に意味はない)

危ないからやめえっちゃあ、そこ本当は柵が無いとおかしいんじゃねえ。

元々はちゃんと柵があったんじゃねえ?やめろっつってんだろ。





3828.jpg

僕の言う事なんてまったく聞かない恋人。





3829.jpg
FUJIFILM NATURA CLASSICA 撮影者:恋人

安全第一の僕は恋人ほどへりの方まで行くつもりはない。





3830.jpg

もう少しで頂上といった場所にあるのが遊女や童子、それに関わる人達の墓。

急傾斜対策工事の際に偶然掘り起こされて地域の人々を始め島外からの善意によって

風光明媚なこの高台に移転整備されたみたい。

遊女というと亡くなっても墓など建ててもらえずにそこらに打ち捨てられていたようで

このように墓が残っているのは珍しいらしい。

この島の遊女は他の地域の遊女に比べると少しだけマシな待遇だったのかもしれない。

事実、昭和の時代になっても遊郭の町だったらしいこの町の遊女達は

島の行事や運動会にも参加していたらしいし島の若者と恋愛、結婚もあったみたい。

いや、墓はあっても関わった人の墓であって遊女の墓ではないだろう、という見方もネットの中にはあった。

僕としては前者の見方をしたいと思う。





3831.jpg

昔の事ではっきりとした事が分からないなら少しでもマシな方がいいじゃない。

いつまでも過ぎた話をとことんまで悲劇にするのって誰が得すんのさ。





3833.jpg
FUJIFILM NATURA CLASSICA 撮影者:恋人

いやいやちょっと、写真撮るから笑ってとか勘弁して、ちょっと休ませて。

俺の膝はとっくに笑ってるよ。





3832.jpg

THE・展望台からの眺め。

向こうに見える大きな島、岡村島まで行くととびしま海道の終着島。

7つの橋で7つの島を~なんて言ってるとびしま海道だけど実際には人が住める大きな島は5つ。

後の2つは向こうに見える橋の中継地点のような小さな島だったりします。

ちなみに反対側の眺めは遠くにしまなみ海道の橋が見え、愛媛県の一部が見えてたね。

もちろん写真は撮ったね。

写真の出来が悪すぎたから載せないよ、あしからず。

後、ここって車で登ってこれるんやね、知らんかったわ。

知っとったら車で来たわ。

もう乳酸たまりマクリマクリスティー、腿とふくらはぎパンパン。

こういうのって登りより下りの方がキツかったりするよね。

へー、登ってきた道とは違う道もあったんやね、

じゃ、帰りは違う道で下ろう。

イテテ、足イテテ。





3834.jpg

すごい発見をしたとうちの恋人さん。

ああ、またしょうもねえ事言うんだろうなとは思いつつもそこは会話って大事ですよね。

なになに?どうした?と聞いてあげる事は大切な事だと思います。

「横向きに下りると足が痛くなくてラクです」

「・・・ごめんちょっと何言ってるか分からない」

「こうよ、こう」

「危ねえよ、転げ落ちたら側頭部危ねえよ」

「危なくないよ、こうよこう」

「え?ちょっと待って、下るの速くねえ??」

「普通やろ、こうよこう(シュタタタタ)」

「ちょっと待ってよ、横向きってこう?(タッタッタ)」

「違う違う、こうよこう(シュタタタタ)」

「こう?(タッタッタ)」

「違うって、こう!こうよ!(シュタタタタ)」

「え?なにその速さ、キモイ」





3835_20170625090544abd.jpg

動画の一つでも撮っときゃよかったんですがうちの恋人は『横向き階段下り選手権』なんてものがあれば

多分、けっこういい所まで行くと思う。

確かに横向き下りは足への負担は少なかったけどすぐに普通に下りたね。

お互いに。





3836.jpg
FUJIFILM NATURA CLASSICA 撮影者:恋人

山登りと見所スポットを歩くと疲れるなぁ。

カメラ向けられてなんかやってとか言われてもなんもやれねえ。

いつでもどこでも「なんかやって」と言えばなにかしらのポーズを取るうちの恋人はすげえよ。




前回訪れたとびしま海道では御手洗地区を最後に残りの島には行かずに帰ったんですよね。

時間の都合で。

よし、じゃあ最後の島々に向けてレッツラゴー。

最後の橋を渡った所が車を停めれるスペースがあったのでそこにイン。

なにやら橋を渡ったところが縁結びスポットとなってました。

はいはい、安上がりで町のホームページにも載せれるお手軽観光スポット、縁結びね。

我が山口県も知らない内にあちこちに縁結びスポットが出来てますよ。





3837.jpg

くぅっ!泣ける。。

一度はばっちりピント合わせたけどこれは合わせちゃならねえ!

合わせられねえ!

この日は元旦だけど彼のクリスマスはどうだったんでしょうね。。





3838.jpg

3839.jpg

最後の橋の真ん中あたりが県境。

そう、最後の島、岡村島は広島県にあらず、愛媛県。





3840.jpg

地面にカメラを置いて記念写真。

おまんが愛媛でワシが広島じゃけん。

ちょっとした遠距離恋愛気分を味わいました。





3841.jpg

2年前は時間の都合で出来なかった7島制覇。

ぼちぼち帰ろうか。

今から本土に渡って高速乗って・・・家路に着くのは夜中くらいか。





3842.jpg

わっほい、島の夕暮れ最高。
(堤防を三脚代りにして撮影)





3843.jpg

あてもなくぶらぶらするっていいですねえ。

また知らないどこかに行きたいけどこれからの季節は暑い中をあてもなくって無理だなぁ。

では。

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/758-244ba3e6

Comment

トロきな | URL | 2017.06.25 13:08 | Edit
島歩きを楽しむ2人
夕暮れ時も迄しかり満喫旅
良いなぁ~、「しまたび」したくなってきたぁ
狛 | URL | 2017.06.25 19:45 | Edit
キス、しちゃえば良かったじゃんかよ(何)。
元旦ってのはやっぱり特別なのか、色々とドラマチックな写真が撮れていて、素晴らしいです。
まさにスナップの醍醐味。
あー、1000キロくらい走ってどっか行きたいなあ。
toita | URL | 2017.06.25 20:25
いい島だなぁ~
ドライブとかで行けるところにこういう島が欲しい。
最後の写真、楽しそうです。
つくづく、素敵なカップルですね♪
atushi | URL | 2017.06.26 10:42
>トロきなさん

島はいいですね、なにもしなくてもおもしろいです♪
もっと瀬戸内島旅とかしたいんですけどねえ。
近くて遠い、いや遠くはないけどちょっと遠い。
帰りの運転がツライですね島旅は(笑)
atushi | URL | 2017.06.26 10:47
>狛さん

キス・・・ですか?
キャッチボール兄弟がいる前で?(笑)

元旦っつーと店は開いてないし観光施設もお休み。
どうなることかと不安もありましたが元旦ならでは!の雰囲気も味わえてよかったです。

1000キロ・・・僕は経験上600キロぐらいが限界です。
行ってみたいと思っている鳥取砂丘が800キロくらいなんですよねえ、うーむ。。。
atushi | URL | 2017.06.26 10:50
>toitaさん

我が山口県も瀬戸内で島もいくつかあるんですけどね。
広島・岡山・愛媛の方がより瀬戸内感が強い気がしますね。
島の数と船の航路の数が段違い。
いつの日か瀬戸内島巡りをしてみたいものです。

素敵なカップルとはありがとうございます♪
さかした | URL | 2017.06.26 23:58
下りの階段ほど膝に悪いものはない、負担かけずに降りるなら後ろに歩いて降りるのがいいと通ってる整形外科の理学療法士のあんちゃんが言ってました。
横歩きは前歩きよりは悪くないんじゃないかなw
at4m2m10(くうきノいろ | URL | 2017.06.28 09:24
こんにちは
相変わらずの面白さ
ありがとうございます。
全編の写真もさることながら
最後の1枚はサイコーです!
はしもとたかし | URL | 2017.06.28 18:38
相変わらずいいカップルだ!!

atushiさんの写真を見ていると気持ちが和みます。
いい写真ばっかりだ!!

atushi | URL | 2017.06.29 17:30
>さかしたさん

確か登りの坂道でもうちの恋人は後ろ向きに登るとラクだってやつやってましたね。

階段も後ろ向きがいいんですねえ。
整形外科の理学療法士のあんちゃんが言ってるって事は本当にそうなんでしょうね。
横向き歩きも理に適ってたのかもしれませんね。

でもそのあんちゃんはゆっくりと安全を確かめて・・・って話なんでしょうね。
うちの人、横向きでも普通に速く降りるのと変わらないスピードで降りてました(笑)
atushi | URL | 2017.06.29 17:32
>at4m2m10(くうきノいろ

こんにちは。
相変わらずの面白さとはありがとうございます。

最後の写真は僕も気に入ってる一枚です。
フィルムカメラってその辺の人に頼む訳にもいかずに案外二人で写ってる写真って少ないんですよねえ。
atushi | URL | 2017.06.29 17:35
>はしもとたかしさん

いいカップルにいい写真、気持ちが和むとはすべて嬉しい言葉です。
ありがとうございます。

久しぶりに情事シリーズですね。
はしもとさん、一体何枚持ってんですか情事シリーズ。
出せない写真もそりゃぁあるだろうし・・・恐ろしい人やで・・・。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。