秋の宮島へハッセルをぶら下げて行く⑦

3564.jpg
HASSELBLAD 500C/M

決算期の忙しさにてんこてまいでブログの更新をさくさく出来ないatushiですどうも

今月、今月を乗り越えれば・・・と、思っていたんですけどどうやら来月も忙しいそうですよ

もうやだなー



moreでハッセルを持ち出してみた感想を綴ろうと思う
よろしかったらmoreへどうぞー











3565.jpg

さて、本来ならこの宮島編はとっくに終わってるはずなんだけど

なかなか更新出来ないのでちょっと長めに纏めて行きましょうか。

長いのでお時間ある時にでも見てやってくださいね。

うーん、島の限られた土地の入り組んだ細い路地はやはり最高。

こういう所をうろうろしてみるのもいいものです。

いや、むしろ好きでやってる。

今回の宮島、初めて山頂へと登ってみようかと。

徒歩で登るコースとロープウェイを利用するコースがあるんだけど迷わずロープウェイ。





3566.jpg

ロープウェイに乗る為に山の方に来てみたけど紅葉の方は思った通りの残念っぷり。

11月に入ってもいつまでも気温が高いままだったので色づきはバラついてるし葉っぱも痛んでましたね。

それでも観光客の多くはカメラ向けてたけど僕はと言うとほぼ素通り。





3567.jpg

今回の僕のお目当てはシカちゃん、紅葉にあらず。





3568.jpg

シカを撮る事に関してはフィルムは一切ケチらなかったなあ。

人慣れしてるシカだからかもしれないけどちょっと連れて帰りたい気持ちになった。



さて、ロープウェイ乗り場に辿り着いて驚愕。

ずらりと長蛇の列。

さすが紅葉時期の宮島。

全然紅葉してないけど。

えー・・・と、思いつつもせっかくここまで来たしと列の最後尾に並んだ所で外国人観光客に

ロープウェイはいくらなんだい?みたいな事を英語で聞かれたので

ごめんな、俺も知らねえんだよ、と日本語で返したら外国人は他の人に尋ねて去って行きましたね。

えー、結局45分くらい並んでたのかな?

少しづつ少しづつ列が進んだ所で切符売り場が見えてきたとこで再び驚愕。

なんと大人一人往復1800円だってよ。

ああ・・・さっき値段を聞いて去って行った外国人正解やわ。

まー、しかし、しかしですよ、ここまで並んだんだからこりゃ1800円出しても乗っておこうかと。

なにやら大型のロープウェイにこれでもかとぎゅうぎゅうに押し込まれて乗車。

1800円も出してこの仕打ちとはちょっとイラっときたね。

乗せる係りの人が、もっと前に詰めろ詰めろ、うるさいんだもの。

僕はハッセルが他の人に当たらないように、当たって壊れないように背中側にぶら下げていたハッセルを

お腹側に持って来て両手で抱える形で乗車。

期せずして『都会の満員電車にハッセルを持って乗り込んだら』、を体験する事が出来ましたね。

さて、そんなこんなで長々と列に並び、ぎゅうぎゅうに押し込まれたロープウェイを降車し三度驚愕。

どうやらここは中継地のようでそこから別のロープウェイに乗り換えて山頂を目指すよう。

20分くらいは並んだのかな?ロープウェイで気軽に山頂に登るつもりだったのに・・・。

今度は大人なら4人乗りのロープウェイに乗り換え山頂へ。

さくっと登ってさくっと帰るつもりだった僕らはもう腹ペコ。

山頂の休憩所でうどんやカレーを売ってたのでうどんを食う。

観光地価格と言うよりもスキー場などの山頂価格のうどんを・・・。

まー、しかしああいう所で食べる変哲のないうどんやカレーってやつは美味く感じるよね。

山頂は眺めが良く、僕らが乗ってきたロープウェイを見下ろす形。

旅の思い出に1枚撮ってもよかったけど12枚撮りフィルムのハッセルでは撮らなかった。

ハッセル旅を想定するとどうやら思い出は写真に残すよりも記憶に残す方が重要みたい。

うどんと眺めを堪能して三度ある事は四度ある、またまたまたまた驚愕。

お目当ての山頂へは今いる場所を一度徒歩で降って向こうの山へと登らなければ行けないよう。

なんてこった・・・ロープウェイで一気に目的地に着けるんじゃないのかよ・・・。

この日はとても暑く、外国人観光客を喜ばしてあげようとガイコツの花魁が背中に刺繍された

スカジャンを着て来た事を僕は酷く後悔しましたね。

あっちーの、汗だく。

11月だってのにTシャツでちょうどいいくらいじゃない。

そして長時間並んでいた事と山登りで重いハッセルが肩に食い込んで痛い。

腰痛持ちの僕としては重いハッセルが肩だけではなく腰にもくる。





3569.jpg
Nikon FM3A

ずっと安物のストラップを使用していてついに昨年の夏に買ったAcruのストラップ。

クッションが効いていて肩への負担が軽減されるAcruのストラップでも痛くなりましたね。

ハッセル旅はやはりカメラの重さがネックなんだよなあ。





3570.jpg

ハッセルのストラップを買った時に同じく古くなっていたFM3Aのストラップも購入した。

2つ合わせてお値段26000円とストラップにしてはけっこうお金かけましたね。





3571.jpg

さて、途中で登山コースから登って来た人達と合流して向こうに見える山へ。

徒歩で登山して来た人達が意外と多かったのはびっくりしたね。

日本人は一人もいなくて白人さんばっかりだったのもびっくりしたね。

白人さんのこうした楽しみ方ってのは見習いたいけどめんどくさい方が勝っちゃうよね。

そして写真のこちら。

後ろのほうで1200年もの間消えずに燃え続けている消えずの火がありました。

中は煙がすごかったので早々に退散。



ここからもう少し登ると山頂なんだけどね、なんて言うのかな?

もういいんじゃない?もうよくね?と。

二人とも汗だくでベンチに座ってそばにあった自販機で買ったファンタをぐびぐびやりながらもういいよねって。

一度休憩でベンチに座ってしまうとこれ以上登れなくなっちゃいましたね。

帰りもロープウェイ乗り場まで山を降って登って行かんといけんからなー。

重いハッセルじゃなかったら山頂行ってたのになー。

いや、重いハッセルじゃなかったとしても行ってなかったかもなー。

山頂はまた別の機会に、涼しい季節にでも宮島に来たら挑戦してみたいと思います。

今度は徒歩で登ってみてもいいのかもね。

その時は宮島のお宿に泊まるって条件付で。

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/736-ab32ce47

Comment

狛 | URL | 2017.03.15 06:57 | Edit
ハッセル旅はどこで撃つかが難しそうですね。
ここだ! ってなって、ゲージ使ってハイパーモード発動、閃光を放ちながら超連写しているatushiさんが見てみたい(ゲーム脳)。
そうなったらモータードライヴと合体かな。
と書いてみて、いっそデジタルバック搭載しちゃえば、むしろ常にハッセルで撮れるから良くない? と思いつきましたが、ダメだこれ、中古車買えるじゃん……。
でも、こういう、迷うところも銀塩の面白みですよね?
いいストラップですね、これはいいストラップだ……。
トロきな | URL | 2017.03.15 22:50 | Edit
ブロニカのストラップ
Acruですよ!大阪の店舗を訪ねオーダーしてきました
ブルーと茶色のコラボです
言われるように、肩への負担がなくなりました
付属のストラップを使っていたら今頃どうなっていたか・・・・
hal | URL | 2017.03.17 16:22 | Edit
Acruのストラップエエですね〜。
緑のも綺麗やし、ハッセルのは使い込むほど味出そうです(^^。

僕も1本だけですが、5年ほど使ってるのがあります。
分厚い革で、たすき掛けできる長めをオーダーし、ライカにつけてます。
腰だめでキャンディッドからハイアングルまで自由度大、
絶対に手放せない相棒です。
表面がカサついてきたら、ブルックスという英国製革サドル、
それ用のオイルを塗ってメンテナンス。
しなやかになってエエ感じですよ(^^。
toita | URL | 2017.03.18 22:16
鹿と紅葉。花札みたいって思ってしまった。
すいません。
ストラップ、良いですね。
僕も腰痛持ちなので、お気持ちは痛いほど判ります。ストラップ変えてみると腰の負担減るかしら。
atushi | URL | 2017.03.19 11:40
>狛さん

どれだけ楽しかろうと頭の片隅のどこかには「フィルム代、コスト」があるのに
中判カメラでの旅は実現するのか・・・?

デジタルパック、あれはアホみたいな値段してますね。
それでも買う人がいるのでしょうね、ちょっと訳が分からない世界です。

ハッセルで超連写、未だにやった事がないですがいつかやる日が来ますかね。
来るとしたらそれは何に向けてなんだろうか・・・楽しみです。

ストラップ、一つ一つ手作りの品だそうです。
私が造りましたと言わんばかりにフルネームで職人さんの名前を書いた紙が一緒に郵送されてきました。
これは使うこっち側もしっかり使わねばと思いました。
atushi | URL | 2017.03.19 11:46
>トロきなさん

そうそう、あのワイナリーの地下室に降りてAcruだ、これ絶対にAcruのストラップだと気づきましたよ。

ハッセル購入金額が予定を大幅にオーバーしてしまったので安物のストラップでしばらく我慢してました。
太めの造りにクッションが効いてて負担が少なくていいんですよねえ。
安物は肩がこりましたねえ。

実は・・・トロキなさんのブルーが良い色だなぁと印象に残っていて
注文する直前までブルーにするか迷ってたんですよ(笑)
atushi | URL | 2017.03.19 11:58
>halさん

Acruのストラップはデザインも質感も最高ですね。
ただひとつ不満を上げるなら標準の長さが腰より少し上で僕の好みはもう少し長くて
お尻に少しかかるくらいが良いんですよねえ。

まあ、こればっかりは実際に店舗に行って手に取ってみないと分からない事なので仕方ないですが。

ライカともなればやはり拘りのストラップが似合うでしょうね。
長めのオーダーとは僕ももう少し長めで注文すべきでした。

なるほど、オイルを塗ってメンテナンスですか。
ありがとうございます。
ブルックスですね、覚えておきます♪
atushi | URL | 2017.03.19 12:03
>toitaさん

鹿と紅葉で花札みたいとは確かにそうですね。
妙に納得してしまってついつい検索してみたらあの鹿と紅葉の花札の由来は奈良県の伝説だそうです。
一つ賢くなれましたありがとうございます(笑)

しっかりとした造りにクッションが効いているので肩への負担はすごく減りましたよ~♪
ただ、腰の痛みには効きません(笑)

カメラぶら下げて一日中歩いたり長時間立ってると無理みたいですね。
腰痛のいい解消法は無いものですかねえ。
針・・・とか興味あるんですけど怖いです(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: