スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の宮島へハッセルをぶら下げて行く⑤

3558.jpg
HASSELBLAD 500C/M

修学旅行生が数多くいた宮島

ブレザー姿のいいとこの私立中学といった感じの男子中学生が10人くらいたむろっていて

「お前いいの買ったなー!」、なんて声が聞こえてきたので何を買ったのかなと

同級生から賞賛の声を浴びて誇らしげな男子中学生の手には木刀

平成の世にまさかの木刀である

未だに修学旅行で木刀を買う輩がいるとは驚きと共に僕は吹き出した

少年よ、そうやって無駄な買物をしてお金の使い方を覚えていけばいいとおじさんは思うよ







moreでハッセルを持ち出してみた感想を綴ろうと思う
よろしかったらmoreへどうぞー












3559.jpg

仲見世通りで空いた小腹を少しは埋めて海へ。

この頃にはすっかり晴れてまったくもって傘が邪魔でしょうがなかった。





3560.jpg

よく観光地で見かける記念写真撮りますというお店。

あの手の記念写真屋は昭和の時代なら成り立っただろうけどデジカメ

いやスマホで十分という層が増えた今需要はあるのだろうかと思うけど未だに存在してるので需要はあるのだろう。

こちらのシカちゃんはそんな記念写真屋のそばにいた。

記念写真屋はシカのおかげで観光客が足を止めてくれるし

あの宮島の大鳥居が見える絶好の撮影スポットは観光客が多くてシカも都合がいいのだろう。

所謂Win-Winの関係ってやつか。

何を見ても汚い大人の目線でしかモノを見れなくなってしまった僕が

先程の木刀一つで大盛り上がりが出来る男子中学生達が眩しく見えたのも道理で。

ちなみに宮島では鹿の数が増え過ぎないようにエサやりは禁止しているようで

同じ広島県でもエサあげ放題のうさぎ島とはスタンスは大きく違うようだ。



さて、『いつかはハッセルで旅に出る』を想定した日帰り宮島旅。

通行人を入れたスナップを何枚か撮った。

ピントは外すわ、シャッタースピードも合ってないわで散々の出来だった。

一枚目の女学生も画像縮小で救われてるだけで実際はピントを大きく外している。

ハッセルを手に取り、ファインダーの窓をガシャンと跳ね上げピントを合わせて撮る。

この一連の流れをもっとスピーディに行う腕がハッセル旅を実現させる肝だ。

それには写真を撮って撮って撮りまくるしかない訳で

この忙しい繁忙期に思う存分写真が撮れる『時間』が今の僕が二番目に欲しいモノだ。

ちなみに一番目は『お金』である事は揺ぎ無い。

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/734-adcbf441

Comment

瞬民 | URL | 2017.03.02 21:35 | Edit
うちの長女は来月、宮島に修学旅行に行きます。
鹿に会うのが楽しみだそうです。
ハッセルは使った事がないですが
以前、中判を海外にもって行きましたが
重さと不慣れな操作でとても疲れました。
でも、ハッセル(中判)は魅力的ですね。
atushi | URL | 2017.03.03 16:32
>瞬民さん

娘さん宮島に修学旅行ですか~。
やはりここらだと宮島へ修学旅行は多いですねえ。
僕は別府だったんですけどね。
来月だと暖かくて天気が良ければ最高でしょうね♪

おっしゃる通り中判は重さと操作性に難ありですね。
ストラップを換えて肩への負担を軽減しましたがそれでも一日中は辛い・・

ハッセルだけを持って旅に出るという潔いかっこよさに憧れております。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。