スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の巨樹紀行①

3485.jpg
Nikon FM3A

この毬栗が写った写真、一見秋のようでありながら季節は真夏

ちょいと古い話になるが昨年の夏の巨木紀行を綴ろうと思ふ

写真多め、文章多め、長くなるのでお時間ある時にでもmoreへどうぞ











さて、9連休もあった昨年の盆休み。

9日間すべてを予定で埋めるなんてのは若い頃ならいざ知らず

30半ばを過ぎた身には少々持て余してしまう盆休み。

ぽっかりと予定が空いてしまう前夜に明日は何をして過ごそうかなと。

そうだなー、何しようかなー、はっ!巨樹!



お邪魔させていただいてるブログの影響を受けて自分も撮ってみようと思った巨樹。

試しに5月に撮ってみたきりになっていた事を思い出しました。←お試し巨木



パソコンの電源を入れキーボードに『山口県 巨樹』と打ち込みエンターキーをパシーン。

どうやら中国地方を根城にしている巨樹ハンターはいるようでいくつかの巨樹ブログがヒット。

県別にカテゴリー分けをしてくれているので見やすくてありがたい。

ほうほう、山口県にも巨樹はあるんだねえ。

ああ、この樹は知ってる。

おぅ我が町、防府にも巨樹があったとは。

よし、明日は一人で巨樹狩りと洒落込もう。

そんな事を夜遅くまでやっているとワタクシ寝落ちしてしまいまして目が覚めたら昼前。

クッソ暑い昼前。

今から行っても時間がな・・・。





3486.jpg

とは思ったものの急いで準備をしてやってまいりました山口市徳地、妙見社の大イチョウ

僕の住むところから20数キロ、車で30分ほど内陸部に走った辺り。

一度は通り過ぎてしまいましたがこれはおかしいと引き返してみると小さく案内の看板が立っていたので

細い路地、小さな集落に入る路地にインした先にありました。





3487.jpg

3488.jpg

3489.jpg

3490.jpg

3491.jpg

ちなみにフィルムは前日だったかに萩市東光寺で500基もの石灯篭に火がともる万灯会という

盆の送り火を数年ぶりに見に行っていたのと。





3492.jpg

3493.jpg

そのまま夜遅くに恋人の街を撮り歩くという事をやっていたので3200という高感度の

フィルムが撮り切れないままカメラに残っている状態。

東光寺でも恋人の街でも思ったよりシャッターを切らなかったんだよね、たしか。

真夏の炎天下に高感度フィルム。

巨樹を撮るのに高感度フィルム。

色々間違っている気はするけど撮りきれてない残りがあるのだからしょうがない。





3494.jpg

うーむ、巨樹・・・どう撮っていいやら・・・。

久しぶりに35mmレンズを装着したFM3Aのファインダーを覗きながら四苦八苦。

色々な角度から眺めてみてもさっぱり撮り方が分からない。

真夏の炎天下、僕は汗びっしょりになりジリジリと腕や顔が焼けている感触を味わいながら

巨樹の周りをうろうろしてみたんだけど暑いんだよチクショウ、クッソ暑い。





3495.jpg

基本、悩みからは逃げてしまえ体質の僕はとりあえず一番ベタっぽい構図をチョイス。

ほう、県の天然記念物なんだねえ。





3496.jpg

謂れや大きさが書いてある立て看板。

ほう、太さ県内1位、高さは2位なのか。

じゃあ高さ1位のイチョウはどこにあるのかなと思ったり。

最後の一文にほっこりしたり。





3497.jpg

うーむ、それにしても巨樹。

これほど撮り難いものだったとは。

実際に目の当たりにすると巨樹からパワーやエネルギーのようなものを感じるのですが

それらを写真に残そうとすると陳腐な写真になってしまいそうでシャッターが切れません。

普段は被写体をしげしげと眺める事なぞしない僕がずいぶん眺めていたけれどどう撮っていいのやら・・・。

背中はもう汗でびっちょびちょ。

とりあえず巨樹はこれぐらいにして参拝して行こうかね。





3498.jpg

「うぉぅ!」、と思わず声が出てしまいましたよ。

社へ向かう僕に向かって突然、犬が吠えまくり。

ドーベルマンかあ。

この世の9割の犬とは仲良く出来ると思っている僕。

「お前おったんかあ、どうしたんかそんなに吠えて」とかなんとか一人で話しかけながら近づいてみました。



・・・うん、この犬は仲良くなれない1割のタイプだ。

繋がれてる紐から解き放たれたら迷わず僕の首目掛けて噛み付いてくるだろう。

本当はこの写真ももっと寄って撮りたかったんだけどこれ以上は近づかないようにしました。





3499.jpg

ちょいと振り返って再び巨樹を撮ってみたり。

なんとも田舎ののんびりとした写真が撮れた気がします。

これを撮っている時に僕の横では先程のドーベルマンがずっと吠えていて

撮影状況は全然のんびりした雰囲気じゃなかったんだけどね。





3500.jpg

少し離れた場所からも一応パチリ。

なんだか似たような写真ばかり撮ってしまって反省すべき点だなと。





3501.jpg

なんとも簡素な手水舎。





3502.jpg

夏の日差しに境内にあったよく分からない植物もしおれていたり。

僕は僕でさらに汗びっちゃびちゃ。

よく分からない虫が僕の頭周辺に群がりプーン、ブーンと羽音がうっとおしいくて堪らない。

出掛ける前に忘れない用に玄関先に準備しておいた携帯用ベープと虫除けスプレー。

それらを忘れた事を酷く後悔しました。





3503.jpg

手水舎と同じくなんとも控えめな社。

県の天然記念物に指定されるほどの巨樹を擁すというのに少々寂しげ。

ああ、そう言えば説明書きの立て看板に大イチョウは社が火災で焼失した際に植えられたとあったな。



さて、初めて撮ってみた巨樹。

道中の様子も撮った方が良かったかなと思ったり。

巨樹の周囲の様子も撮った方が良かったかなと思ったり。

三脚持って行って自分も写れば良かったなと思ったり。

色々と反省点を残しつつ僕の初めての巨樹撮り。



山口県山口市徳地八坂
妙見社の大イチョウ
樹高 37m
幹囲 8.5m
樹齢 700年
2016.8

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/725-276c2035

Comment

RYO-JI | URL | 2017.01.23 21:46
お待ちしておりました!
ようこそ、こちらの世界へ(笑)。

ね、結構難しいでしょ、巨樹撮りって。
私もいまだに試行錯誤しまくりですよ。
事前にイメージしつつも、いざ巨樹の圧倒的な姿を目にすると
いったいどうやって撮ったらいいのか・・・。
普段はあまり気にしないでパシャパシャ撮って反省すらしないタイプなんですけど、
巨樹はいつも反省しまくりですよ。
まぁそれだけに写真の勉強になると思っています。

それしてもかなり立派なイチョウですねぇ。
黄葉の時期などは相当見ごたえあるでしょうねぇ。
社は廃れてしまっていても、こういう巨樹はいつまでも残って欲しいです。
kozoh55 | URL | 2017.01.24 11:05
いつもありがとうございます、atushiさん。
今回の記事、好きです。
テーマが巨樹なのに、あの恋人さんの姿、表情、
恋人というより「少女」
このお話が栗から始まるという不思議、
神々しい姿をされてますね、妙見社のいちょう、
壇ノ浦の戦いの頃に植えられたのでしょう

それにしても、記事の中に登場する「ぎんてんプラザ」とは何者なのか、考えていたら、今日は眠れなくなりそうです。
またお邪魔します、atushiさん。
| | 2017.01.27 19:20
このコメントは管理人のみ閲覧できます
atushi | URL | 2017.01.30 16:27
>RYO-JIさん

お返事が遅くなってしまいましてすみません。
RYO-JIさんとあとお一人、ですね。
お二人のおかげで僕も巨樹を撮る事になってしまいました(笑)

いやぁ、難しいですね巨樹。
そこにあるだけで存在感のあるものをどう撮っていいのやら・・・。
どう撮ったって今、目の前で自分が感じている事をちっとも写真に残せる気がしない・・・。
そもそもRYO-JIさんと車でずいぶん遠くの巨樹に逢いに行くあの人。
お二人が難しいと言ってるものを僕が撮れる訳がないんですよねえ。

立派なイチョウに黄葉時にまた行こうと思ってましたが去年は紅葉がいまいちでしたよね。
なので今年は行かない、紅葉が綺麗な年に行こうと来年(もう今年ですね)に持ち越しました。

巨樹は永い年月を経た結果のものですね。
無くなってしまっていたらそこには無い訳で。
上手く言えないですが多分僕は巨樹をもう少し撮ると思います。
atushi | URL | 2017.01.30 16:46
>kozoh55さん

こちらこそいつもありがとうございますkozoh55さん。
5周年おめでとうございます。

確か僕がブログを初めて割りと早くにkozoh55さんからコメントをいただけたと記憶しているのですが
そう思うとずいぶん時が経ったなとしみじみしております。
僕の街撮りスナップはkozoh55さんの影響を受けてます、はっきりと。

フィルム現像というタイムラグがある為にブログに乗せてない写真もずいぶんとあります。
巨樹にかこつけて少女のような恋人もついでに載せるという荒業(笑)

ぎんてんプラザ、その昔、石炭で栄えた恋人の街の名残でしょうか。
今じゃ商店街はゴーストタウン化してしまい周囲の方が栄えてます。

徳山(旧名)という隣の市は銀座、有楽町、千代田町、晴海埠頭、代々木公園・・・
東京の地名のオンパレードです(笑)
atushi | URL | 2017.01.30 16:56
>鍵コメさん

お返事遅れてしまいすみません。

わおっ!なんですかこのおもしろそうなイベントは!
僕が気に入った青い女の子の絵を描く人も参加されてるじゃないですか!

いやぁお知らせいただいたこのイベント行こうかなと思ったのですが行けませんでした。
車屋行ったりなんだりと忙しくしていたらもうこりゃ無理だなと。
代わりに阿知須サンパークのサーカスに行ってきました。
800円なので期待していなかったらこれがすごいおもしろい!
僕もサーカスをおすすめさせていただきますね。

ウィラニの前の錦湯は確か数年前に愛情フリーマーケットの時に入った事があります。
番台に上がったらそこは立ち入り禁止でして・・・と注意されてしまいました(笑)

いつもおもしろそうな情報をありがとうございます。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。