スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、どこから話そうか

3459.jpg
HASSELBLAD 500C/M

この写真を撮ったのは9月ぐらいだという話

場所は山口県長門市仙崎、日本海に面する青海島だという話

読みはあおみじまではなく、おうみじまだという話

島と言っても車で橋を渡って行ける島だという話

かつては沿岸捕鯨の基地として栄えた「通」という地区だという話

島の説明よりも「こだまでしょうか」の金子みすゞの故郷だと言った方が、「へえ」と思って貰えるかもしれない話
(正確には島を渡る手前の本土側が故郷)

この日撮ったモノクロフィルムは、写真全体に水滴がついたような変な写真が数枚あったという話

その数枚は不本意ながらトーンカーブをいじって中間色を明るくしてコントラストを下げるという加工をした話

基本的にはフィルムで撮った写真は画像加工ソフトでいじりたくはないんだよ僕は、という話

そして野良の子猫に出会った話


続きはmoreへ
長くなるのでお時間ある時にでもmoreへどうぞー











3460.jpg

さて、何故に漁港かと問われれば僕が漁師町の雰囲気が好きだからに他ならない。

漁師町の雰囲気、海(自然)と共に生きる生活環境に惹かれているのかもしれない。

先日、正月に訪れた呉の島々の一つでは都会から移住して来たプロの写真家がいるそうだ。

正直、楽な仕事で収入もしっかりあれば僕も島に住みたいと思っている。

そんな仕事がある訳がないので実現する事もないだろうとも思っている。





3461.jpg

山と海との間の僅かな平地に密集して建てられた家々の迷路のような細い路地も好きだ。

むしろ醍醐味の一つ。





3462.jpg

ふむ、この漁師町は当たりだね、雰囲気がいいなと思った。

この町のマンホールの絵はクジラだった。

野良猫もいた。

カメラを趣味とする人は何故、猫にカメラを向けてしまうのだろうか。

素人のグループ展に行くと猫の写真が必ず数枚は展示されているのは何故だろうか。

かくゆう僕も猫にカメラを向けるタイプだ。

逃げられないようにそろりそろりと近づく。

まるでキミの事なんて気にしていないんだよといった風に。

おかしいな、あの子猫は逃げる気が全然ないようだ。

これはイケるかもしれないと思った。





3463.jpg

イケた、全然イケた。

この家の人がご飯をくれてもうすぐご飯の時間なのだろう、辺りには猫が数匹いた。

みんな警戒して僕達と少し距離を取ったのにこの子だけは逃げないのだ。

おかしな子猫がいたものである。





3464.jpg

キミは本当に野良なのかい?と言いたくなる程の甘えっぷり。

まだ小さいからなのか、咽が悪いのか口の動きはみゃあみゃあと鳴いているのにちっとも聞こえてこない。

耳を澄ますととても小さな声でみぁあと鳴いた。

ズキュンだ、僕も恋人もズキュンとヤラられた。

「あんた達まだご飯の時間じゃないよ、あっちに行きな」と、言いながらおばちゃんが家から出てきた。

メシだメシだと途端にざわつく猫達。

どこに居たのか更に数匹増えた気がする。

あらやだ、人がいたなんて・・・と恥らうのはこのおばちゃんが30年、いや40年は若くないと無理な話だろう。

「気に入ったのがいたら一匹くらい持って帰ってよ、増えすぎちゃって困ってるんだから」

と、笑い飛ばしてそのまま出掛けて行った。

おばちゃんの図々しさは見習う気はないが神経の図太さは見習う点が大いにあると僕は思う。

おばちゃんの言葉に押されて僕も恋人も連れ帰る事を本気で検討した。

しばらく本当に時間をかけて考えた。

でもやっぱり今は生き物をちゃんと飼える環境じゃないんだよね。

残念だけど諦めるしかなかった。





3465.jpg

「やめえっちゃあ、抱っこなんかしたら情がわいて帰りづらくなるやろ」

と、僕の再三に渡る制止を無視して恋人はもう我慢出来ないと言って子猫を抱き上げた。

子猫はまた聞こえるか聞こえないか微かな声でみゃあと鳴いた。

再びズキュンとヤラれた。

「もう離しっちゃあ、タマを離しちゃり」

「タマ~!?名前つける方が情がわくのにバカなんじゃないん」

「連れて帰れないけどこの子はタマ」
(本当は平仮名で「たま」)

しばらく遊んで後ろ髪を引かれながらも帰った。

帰るしかなかった。

タマは人懐っこいからきっとみんなに可愛がられるよ、と自分達を納得させて。

そして一昨日、タマに逢いに行こうと青海島に行って来た。

逢えるかどうか分からないけど行ってみた。

タマは居た。

変わらずに同じ場所にタマは居た。

でもすっかり野良猫っぽくなっちゃって僕らから距離を取った。

近づくと側溝の蓋の下に隠れたり細い路地に逃げ込んだり。

最後は猫らしい運動能力を発揮して消えて行った。

警戒心が強い方が無事に生きて行けるだろう。

少し寂しい気もしたけど元気に暮らしているようで安心した。

と、今まさに写真と共にこの文章を書いていて気づいた。

写真のタマは茶トラ。

一昨日、タマだと思った猫は黒白。

恋人よ、ごめん。

一昨日のあの子はタマじゃなかった。

では。

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/719-4a07c705

Comment

RYO-JI | URL | 2017.01.06 21:15
新年早々、見事なオチがついた漫談のような記事有難うございます(笑)。
今年も楽しませていただきますよ~。

自分もいつかはのんびり島暮らしがしたいなぁと思います。
できれば暖かいところで(笑)。
瞬民 | URL | 2017.01.06 22:26 | Edit
こんばんはー。
私の生まれた町も漁師町でした。
港の近くでは漁師さんが網を修理したり
市場でセリの声を聞いたりして育ちました。
知り合いに漁師さんがいますが
生活はなかなか厳しいとの事。
財布に余裕があれば島生活もしてみたいですね。
RYO-JIさんと同じで暖かい場所がいいですね。
モノクロフィルムの水滴は現像時の気泡ムラでしょうか。
120は135より出やすいと思います。
| | 2017.01.07 06:24
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2017.01.07 15:19
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トロきな | URL | 2017.01.07 20:49 | Edit
我が家の猫も、元々は外を駆け回っていたもの
あまりにも懐いてくものだから
ある日一瞬だけ家に招き入れたら、それ以来外に帰らなくなってなってしまったという・・・・ww
猫によって性格も様々ですからね
| | 2017.01.07 23:33
このコメントは管理人のみ閲覧できます
atushi | URL | 2017.01.09 12:20
>RYO-JIさん

まさかこんなオチがつくとは自分でも・・・。
たま~、たま~、ゆーて追いかけてましたからね僕達(笑)

島暮らしはなんだか憧れますねよえ。
暖かく長閑な島で夕日の写真を撮って一日を終えたいです。
割と近くに便利な街もあれば最高。
atushi | URL | 2017.01.09 12:47
>瞬民さん

瞬民さん漁師町の生まれでしたか。
チェーン店に侵略された特色の無い町で育つよりも良いような気がしますね。
漁師さんは過酷なお仕事ですよねえ。
不漁なら直接収入に響くし大変な仕事ですね。
島の小さな郵便屋さんとかになれるなら僕は移住したいです(笑)

現像時の気泡ムラ、なるほど。
実はこれで3度目でしてレンズ等の汚れもないしフィルムもおそらく問題無し。
原因が分からなかったのですが135よりも出やすいのですね。
仕方が無いのでしょうが思い入れのある写真で出ると少し悲しいですね。
atushi | URL | 2017.01.09 12:50
>鍵コメさん

明けましておめでとうございます!

僕のような写真と文才が欲しいとは新年早々嬉しいお言葉!
未熟な腕を文章を足してごまかしているだけですが・・
しかもその文章も駄文でございますが(笑)

こちらこそ鍵コメさんのお写真、なんだか温もりやゆったりとした空気感を
感じられる写真を楽しませていただいております。

鍵コメさんにとって良い一年となりますように。
今年もよろしくお願いします。
atushi | URL | 2017.01.09 12:57
>鍵コメさん

はじめまして(笑)

付き合いやしがらみが多そうなSNSはどうも手を出す気になれず
気楽に好き勝手に楽しめるブログを選択していますがブログも大変ですね(笑)

そうなんですよねえ、お金・・・お金さえあれば・・・。
家の周りをカメラ持ってぶらぶらするだけで満足出切る環境が欲しいですねえ。

大抵はすぐに逃げる野良でしかも子猫。
ここまで人懐っこい野良の子猫は僕も初めてでした。
連れ帰るべきだっか・・・惜しい気もします。
atushi | URL | 2017.01.09 13:07
>トロきなさん

トロきなさん猫を飼われているのですか?意外!
僕の中での『猫を飼われている方は猫の写真を必ずネットに載せる説』が崩れましたよ(笑)

ずいぶんちゃっかりした猫さんじゃないですか。
しかも一番いい飼い方じゃないですか。
いいですねえ、僕の近所に居る猫達は懐かないし人相も悪く態度も悪いやつしかいません。
atushi | URL | 2017.01.09 13:10
>鍵コメさん

こんにちは。
いつもこのような長々した駄文を読んでいただいてありがとうございます。

いつの日か写真一枚で魅せれるような腕が身に付いたら文章なぞ書かない。
写真一枚だけで勝負する、そんなシンプルかつストイックなスタイルにも憧れております(笑)

今年もよろしくお願いします。
トロきな | URL | 2017.01.09 15:14 | Edit
atushiさん
私の猫歴は、かれこれ10年以上
確かにブログにUPした事はありませんねww
多分猫撮りの才能がないからでしょう
きっとこれからも猫写真を観る事はないでしょうね
atushi | URL | 2017.01.11 01:18
>トロきなさん

10年以上ですか!

解せぬ・・・ますます解せませぬよ。
猫の写真を載せないなんて。

トロきなさんは勝手なイメージで犬を飼ってらっしゃるイメージだったんですけどね。
洒落た格好で散歩してそうな。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。