北に舵をとれ プチ二人旅①

3095.jpg
Nikon FM3A

島根県との県境をうろうろとプチ一人旅へと出掛けた次の週の週末

僕はそこの雰囲気が気に入ったので2週続けて行きたいなと

恋人にも見せてあげたいなと

恋人を誘いまたまた島根県への県境までプチ旅

今度は二人旅で


moreに続きます
アホみたいに写真多いです
僕はまだ盆休み中なので時間があるのでついつい
お時間あるときにでもmoreへどうぞー












僕 「先週俺が一人で行ったところに行こう」

恋人 「なにかあるん?」

僕 「何も無いよ」

恋人 「何故なにも無い所に誘うのか」

僕 「何も無いのがまたいいんよ」

恋人 「行かない」

僕 「ああもう!じゃネタバレになるけど行きたいカフェもあります」

恋人 「何故一人で行った時に行かなかったのか」

僕 「そこ日曜休みなんよ、今日はやってるから行こう」

恋人 「行かない」

僕 「先週行った時に山道を走っていたら野うさぎに会えました」

恋人 「詳しく」

僕 「ふいっと出て来て最初はイタチかと思ったらうさぎでした」

恋人 「じゃ行く」


日焼けの季節になると恋人を誘い出すのも一苦労。





3096a.jpg

3097.jpg
富海にて 2015

こうして振り返ってみると今年も田植え時期の田んぼの写真をよく撮ったが

去年も田植えの時期は何故だか狂ったように田んぼの写真を撮っていた。





3098.jpg

3099.jpg
四郎谷にて 2014

一昨年なんて田植えに飽き足らず稲刈りの時期まで写真に撮っている。

田んぼ写真は僕も何故撮っているのかよく分からない。

分からないが気づくとけっこう田んぼ写真が貯まっている。

うまい米でも食いたいのかな。

米と言えば昨日は福岡のうどんチェーン店、資さんうどん下関店でカツ丼ミニうどん付を食した。

相変わらず資さんうどんのカツ丼は絶品。

山口県では福岡から海を越えた下関にしか進出していない資さんうどん。

山口全土を制圧してくれる日を僕は心待ちにしている。

せめて僕の街、いや恋人の街でもいいから進出してくれる事を切に願う。





3112.jpg

うどんと言えばこの旅で気になりつつも田舎の飲食店なぞ旨くはないだろうと敬遠していたうどん屋へ。

これがまた旨い、しかも安い。

今後も利用しようと思うしこれからは田舎の飲食店も敬遠せずに利用しようと思った。





3100.jpg

ヤギ?ヤギおった?





3101.jpg

慌てて車を止め確認に戻るとまぎれもなくヤギ。

先週と同じ道を走っているのに気づかなかった。





3102.jpg

3103.jpg

3104.jpg

今回は船方牧場へ寄り道。





3105.jpg

大学生と思われる若者達が三輪車のような二輪車に乗ってはしゃいでいた。

いやぁ、若い子は元気でいいね。

僕も恋人も気持ちだけは若いけどね、さすがに体が付いてこないよ。

おっさん達はそういうアクティビティは望んでないよ。





3106.jpg

おっさん達にゃブランコをハイジ気分に浸ってのんびりこぐくらいがお似合いかな。





3107.jpg

そうそうのんびりとね。





3108.jpg

いや、ちょ、のんびり・・





3109.jpg

おっしゃー!





3110.jpg

僕もおっしゃー!

ここに来てこれに乗らんとかアホやろあいつら。

キャッキャッ言って楽しんでる僕らを見て帰りかけた若者達が戻って来てね。

本当はこれから本気出して写真撮るとこだったんだけど若者達に譲っときました。

まあこういうのって譲り合いじゃない?

あんまり独占するのってよくないしね。





3111.jpg

って、こがんのかーい!こげよ!

女の子は怖いと言ってびびってたのは分かるけど男の子もろくにこがんてどういう事だ。

最近の若者はブランコもろくにこげんのかっておっさんびっくりしたわ。

本当は僕がすごく高くこいで、とうっ!とブランコから飛び降りる所を恋人に撮ってもらうまでがしたかったのに。

こんなんじゃ譲るんじゃなかったよ。

情けねえなと言いつつ食した船方牧場のソフトクリームを後に再び舵を北へ。







Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/657-5cd7c471

Comment

パオーン | URL | 2016.08.18 13:29
うさぎが出たから行く・・・
☝やりとりが面白かったです^^

ハイジに出てくるようなブランコ
楽しそうですねぇ~^^
RYO-JI | URL | 2016.08.18 21:40
恋人さんとのやりとりが秀逸!
ってゆーか、恋人さんは意見がハッキリしてて気持ちいいですね(笑)。

資さんうどん、今年1月の福岡旅で食べましたよ。
朝ご飯として、ごぼ天うどん&かしわおにぎり&おでん。
かなり美味かったなぁ。
そっかそっか、次回機会があればカツ丼食べます(笑)。
こっちにも出店希望です!
ぴあの | URL | 2016.08.18 22:11
富海の海岸へ行きました
アサリを沢山採りました

随分むかしのこと
今も海岸はむかしのままだろうか

ここでマテ貝って言う貝を教えてもらった
マテ貝は穴に塩を入れると採れると教えられた
けれど一度も採れず失敗!
随分変わっただろうなぁ~~~
きとり* | URL | 2016.08.18 23:15 | Edit
恋人さんのツボが、垣間見えて
ちょっと笑えた^m^
ブランコからぶっ飛ぶatushiさん
見たかったなぁ。
atushi | URL | 2016.08.19 19:27
>パオーンさん

うさぎ好きの恋人に最後に取っておいた殺し文句でした(笑)

今までこの牧場に行った時は人が多くてハイジのブランコに乗れなかったので
今回ようやく乗れました♪
普通のブランコよりも全身の力を使わないと高くこげないのでけっこう大変でした(笑)
atushi | URL | 2016.08.19 19:32
>RYO-JIさん

世の女性すべてそうなんでしょうけど虫の居所が悪い時はこんな感じです(笑)

RYO-JIさん、資さんうどんで朝食食べられてましたか。
ごぼ天うどんにかしわにおでんとは最初から通なチョイスですね。
僕も各種丼物にミニうどん付、貝汁+ライスにおでんなど色々試してます。
ここの丼は味が濃い目なのでお気に入りです。

24時間営業ってのがまたいいんですよ資さんは。
近所にあったら夜中にカツ丼食って太ってしまいそうですね(笑)
atushi | URL | 2016.08.19 19:39
>ぴあのさん

富海はたしか僕の記憶だと夜間用に街灯が付いたりと小さな変化は少しづつありますが
基本的には子供の頃からなにも変わってないように思います。
ただ、アサリは昔はいくらでも採れましたが今はいないですね。

マテ貝!(笑)
アサリ採ってる時にスコップや熊手でポキッと折れた状態で出てくるあれですね。
塩を入れると・・・は知ってはいますが試した事はありません。

富海辺りはなにも変わってないと思います。
唯一のコンビニ、セブンが潰れて道路が二車線化したくらいでしょうか。
atushi | URL | 2016.08.19 19:43
>きとり*さん

うさぎが居るか居ないか、これで大きく変わりますね(笑)

ブランコからぶっ飛ぶ僕、やってみたかったなあ。
こんなにブランコを独占出来る機会って今までなかった(大抵家族連れが遊んでる)ので
せっかくのチャンスを棒に振りました。
トロきな | URL | 2016.08.20 07:53 | Edit
相変わらず相方の反応には絶句www
やりとり面白すぎ(^^)/
私もお二人の、会話の中に入ってみたい
ブランコを漕ぐ彼女さん、ハイジに見えてくるから不思議
atushi | URL | 2016.08.21 10:45
>トロきなさん

たぶんこの時は虫の居所が悪かったんでしょうね(笑)

あのブランコは誰がこいでもハイジになれます。
しかしハイジになる為にはしっかりこがないとなれません。
その点、怖いと言ってろくにこがなかった若者達はハイジになれていませんでしたね。
ああ、若い子達はハイジを知らないでしょうね(笑)
いさほ | URL | 2016.08.21 21:00
atushiさんと恋人さんの会話が、うちの会話とほぼ同じで笑ってしまいました。
しかも、「誘うのか」って言い方も同じ。
なんか、感動すら覚えます(笑)

あと、恋人さんブランコ漕ぎすぎですよ!ブランコでも身体能力の高さが垣間見えますね~
atushi | URL | 2016.08.22 22:33
>いさほさん

いさほさんのところも同じですか!

なんでしょうね、こっちはたまの休みを何か写真に撮りたいんですよね、何かを。
何かが分からないから分からないままに目的も無しに外に飛び出したいんですよね。
まーそしたらこっちのテンションと相手のテンションが合わなかったりしますよね。
いやいやそこは一緒に行こうよと。

相手からしたらいい迷惑でしょうけど(笑)

このブランコ、大きいだけあって全身を使ってぐいっ!と漕がないとここまでの高さは出ません。
若僧共は誰一人この高さを出せないでいましたね(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: