苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺④

2878.jpg

2875.jpg

2876.jpg

2877.jpg
Nikon FM3A

石炭の積み出し、大陸貿易で栄えた門司港

ネットの情報によると遊郭跡、赤線跡が残っていると

しかし年々姿は消して住宅街へと変わりつつあると

真偽の程は定かではないがネットで得た情報を元にその辺りをうろうろと






Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/594-56dafe25

Comment

kozoh55 | URL | 2016.05.16 20:42
いつも新しい地を紹介して下さりありがとうございます。
門司港ですか~憧れますね。
そうですか、色町残照の地なのですね、ここは。
放浪記の看板とその左に見える何かモザイク
看板のようなもの、興味津々です。
遊郭と赤線は表と裏のようにいつも寄り添っていますね。
またお邪魔します、atushiさん。
atushi | URL | 2016.05.17 18:33
>kozoh55さん

門司港は海沿いは明治時代に建てられた洋風の建物を
それ以外は古臭い、どこか怪しげな雰囲気を残す町並みが楽しめる場所です。

ネットの情報のみで僕も行ったことがないのですが北九州辺りは
炭鉱で栄えて出来た商店街が急速に廃れていってるみたいです。
kozoh55さんがぶらりするときっと商店街の人達から生の情報を聞けるのでしょうね。
僕にはkozoh55さんレベルのぶらりはまだ出来そうにないです(笑)

また遊びに寄ってくださいませ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: