おまけの東京旅写真

2318.jpg
Nikon FM3A

前回で終わりにしようと思っていた東京写真

終わらすつもりでいたのにどうにもすっきりしません

『家に帰るまでが遠足です』

そうか、山口に帰るまでが旅だな


おまけと言うには枚数ありますが続きはmoreで
お時間あるときにでもmoreへどうぞー










東京旅、あとは飛行機に乗るだけだしゆっくりしとこうかな。

恋人は研修ということもあっていつも以上に会社へのお土産を買いに行きました。

お土産を買う風習のある会社は大変だなー。

お土産なぞ買う必要のない僕はのん気なものです。

暇だな・・・

お土産屋さんに恋人の様子を覗きに行ってみるとまだまだ時間がかかりそう。

暇だな・・・

ぼーっと椅子に座ってるだけも飽きてくるよ。

羽田に着いたところでちょうどフィルムを撮り切ったから写真はもういいし探検でもしようかな。




2319.jpg

と、思っていたら目の前でこの光景。
急いでモノクロフィルムを装填。

空港の搭乗口ってやつはドラマチックだ。




2320.jpg

羽田空港が出来た頃の写真でしょうか?
パネルが飾ってありました。

それにしてもおばちゃんってやつは今も昔も変わらない。
『おばちゃん』ってやつはもう『おばちゃん』という生き物だ。

100年前もおばちゃんはおばちゃんだったし
戦国時代だっておばちゃんはおばちゃんだっただろう。
ふじわらの~や、そがの~、なかとみの~の時代でもきっとおばちゃんはおばちゃんだ。

1000年以上もの長きの間、おばちゃんはおばちゃんとして存在し続けるおばちゃんの存在は偉大だ。
きっとこの先もおばちゃんはおばちゃんとして未来永劫存在し続けるのだろう。

・・・が、スマホの登場により、太古より続く従来の『おばちゃん』像は崩壊するのではないかと僕は睨んでいる。

スマホVSおばちゃん。

果たしてどちらが勝つのだろうか・・・興味深く見守って行きたい。




2321.jpg

それにしても羽田空港はもはや田舎の小さな町クラスだと感じる。




2322.jpg

僕の地元のイオンよりも人が多い辺り、田舎の町すら凌駕してるかもしれない。
まったく都会ってやつはよく分からないよ。




2323.jpg

『我が人生に望遠レンズなぞ必要なし』、と思っている。

思ってはいるが最近ハッセルに120mmか150mmのレンズが欲しいと感じている。
80mmだとポートレートに若干の不満がある。
不満はあるが金はない。




2333.jpg

そろそろ恋人もお土産を買い終わった頃だろう。
この写真で今回の東京旅の締めとしよう。




2324.jpg

と、思ったら搭乗口で『フィルムなのでX線に通さないで欲しい』とお願いしたところ
フィルムの確認をされ、カメラは1枚シャッターを押してくれと言われた。
山口宇部空港では確認だけだったのに。

まあこれも飛行機の安全の為だ、致し方ない。

最後に一つ楽しみがある。

それは飛行機に乗ってからの景色だ。

東京行きの飛行機は席が通路側だった・・

それでもなにかおもしろい写真が撮れるかもしれないと期待に胸を躍らせカメラを膝の上に乗せていた。

ああ・・・あの景色いいな・・・撮りたいな・・・あの雲もいいな・・・

僕のお隣、窓側の席には見知らぬ女性。

カメラを膝に抱えた男がちらちらと自分の方を見てくるというさぞ不愉快な思いをさせたかもしれません・・・

だが帰りの席はばっちし!

恋人よ、悪いけど窓側の席は俺が座るぜ!うひょーい!






2325.jpg

ちくしょう!羽だよ!邪魔だよ!
くそう、空港職員よ、『グッ』じゃねーんだよちきしょう。




2326.jpg

違いがお分かりいただけたでしょうか?
羽の後ろがにゅいーんと伸びました。

旅で嫌な気持ちにはなりたくないですからね、羽観察日記と気持ちを切り替えましょう。




2327.jpg

羽田を飛び立ち東京湾上空を旋回する羽。

モノクロなので分かりにくいですが下は海。
海と羽、素敵ですね。




2328.jpg

雲と羽、こちらも素敵ですね。




2329.jpg

ああ、もう飽きちゃったよ。
だって羽しか見えねえもん。
鷹の爪でも見てようか。

今回の飛行機は初となるスターフライヤー。
飲み物にコーヒーを選択したらチョコが付いてきましたよ。

チョコってやつはほんのひとかけらでも幸せな気分になれる魅惑の食べ物。
人間カリカリしてちゃいけませんな。
穏やかに穏やかに。

僕が心を静めたおかげかそれはそれは見事な光景が見れました。




2330.jpg

上空はどんよりとした曇り空。
下もどんよりとした曇り空。
の、間。
雲の切れ間からそれはそれは見事なオレンジ色の夕景が顔を出しました。

モノクロだと分かりづらいけどいいや。
たぶんあの光景を僕は一生忘れないと思う。

はぁ・・・ええもん見れた。
寝なくて良かった。

飛行機はいよいよ山口宇部空港に到着。




2331.jpg

どれほどの効果があるのか分からないけど
空気抵抗を増やして少しでもブレーキの役に立とうとする羽の健気さよ。
人間もこうあるべきではないでしょうか。

愛着が沸いてきた羽ともお別れの時間。
羽よ、ありがとう。




2332.jpg

山口市の瑠璃光寺、五重塔がお出迎え。
ほんのついさっきまで都会の雑踏の中に居たのが遠い昔のよう。

都会ではみな足早に歩き、
すぐに電車がやってくるだろうに駅構内を走る人、
なにをそんなに急ぐかねえと不思議に思うこともしばしば。

のんびりと荷物が出てくるのを待ち、
のんびりと荷物を受け取り、
のんびりと歩いて帰る山口県民をのんびりと眺めながら
ああ、帰ってきたなと思いました。

と、長らく続いた東京旅。
これにて終了。

では。

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/515-92ce4bfa

Comment

choconigro | URL | 2015.10.29 23:24
こんばんは。

僕の為の空港編、ありがとうございます(笑)

まさかの吉田君の登場で興奮は最高潮に達しました。まさに男根バカ野郎状態です。

いい羽を見せてもらい満足致しました。

東京、死ぬまでに一度は行ってみます。
atushi | URL | 2015.11.01 08:31
>choconigroさん

一人でも空港編が見たいとおっしゃる方がいて嬉しかったですよ。
しかもそれがchoconigroさんとは(笑)

つい先日、島根県雲南市に行ったのですが地名は雲南吉田。
そう、吉田くんの故郷。
道の駅の吉田くん押しがすごかったですよ。

choconigroさんの大阪スナップ、僕好きなんですけど(さすが大阪NKDSクラブ)
choconigroさんの東京写真も見てみたいですね~。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: