5月のぶらり萩③

2042.jpg
Nikon FM3A

ぶらぶらと浜崎地区を目指し歩いておりますが

そもそも浜崎とはなんぞやと申しますと伝統的建造物群保存地区なのですが

観光客が多い萩にありながらこれといって観光客もおらず

ゆったりと静かに時を過ごせる場所なのであります


moreへ続きます
よろしかったらどうぞー







2043.jpg

あぁ、山陰の雰囲気はいいなあ。

僕の住む瀬戸内はよく『のんびり』と形容されますが確かにのんびりしてる。
住む人ものんびりしており、事実僕も若い時ならいざ知らず現在はのんびりとした人間になっております。

では日本海側の山陰はどうなんだと聞かれたら個人的見解としては
『のんびり』を通り越して『時が止まっている』でしょうか。

僕が萩を始め山陰に来るときは決まってなにも考えたく無い時。
時が止まってるかのようなこの土地でただただ僕も止まっていたいのです。



2044.jpg

なにやら少し雰囲気が出てきて伝統的建造物群保存地区はもう目と鼻の先ではありますが・・・



2045.jpg

ネコさん!!
おーいネコ!おーい。

と、ネコの後を追いかけたらお目当ての伝統的建造物群保存地区には行きませんでした。

ネコの後を…は冗談だけどなんだろう。
ここまでぶらぶらと写真撮って歩いてたらそこそこの満足感。
あと腹減った。
また今度でいいやと。

前述した通りのんびりとした瀬戸内人の上、僕はなにも考えたくない訳なのでこれでいいのです。
というか山陰に来た時はだいたいいつもこんな感じ。



2046.jpg

恋人よメシだ、メシ喰い行こうぜ。



2047.jpg

来た道とは別の道で車を止めてあるところまで戻る訳ですが・・・



2048.jpg

ネコに逢えたり。



2049.jpg

蔦に侵食された家を見れたりとこれはこれでいいのです。


今回の萩写真、似た写真・完全な失敗作以外はほぼ全部載せ。
撮影した順に出しております。
ぶらり萩、続きます。
では。

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/473-cca2220d

Comment

kana | URL | 2015.07.14 20:43
萩といえば、博物館まわりか、藍場川辺りしか知らなくて、浜崎地区、知らなかったです。
楽しみにしてたら、猫に会ったからUターンて(笑)
そのアバウトさが町散策の醍醐味でしょうか^^
恋人さんのファッション、チェック使いにセーラーに、さりげなくカメラ柄バッグ、バラバラのようでそうでもない、そういう着こなしが出来るとこ、さすがatushiさんの恋人ですね^^
atushi | URL | 2015.07.14 21:42
>kanaさん

えー、そうですね・・・まずは一言・・・すみませんでした。
スナップなんてもんは気分次第なのでその場のノリに従った方がいい写真が撮れるかと…(笑)

浜崎辺りは海水浴か花火の時くらいしか人はいないと思いますし
『菊ヶ浜のすぐそば』と言った方が場所も分かりやすいかもしれないですね。

恋人の買物に付き合うと「その服は無いわ~」と思うことも多いんですけど
次会う時はその時に買った服を見事に着こなしてて、軽くちょっとむかつきます(笑)
恋人を褒めていただいてありがとうございます♪
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: