ノリで大阪・京都一泊二日弾丸旅行 京都編④

1765.jpg
Nikon FM3A

京都へとやって来た僕らですが疲れもあったので、もう何もしなくていいやって

京都まで来たのに何もしないという超贅沢をすることに決めました

これも恋人が仕事で研修のおかげですね

これが100%自分達だけのお金だったら疲れてようが台風だろうが

意地でも満喫してやろうと思っちゃいますからね


という訳で特に何も無い京都旅moreへ続きます
長くなるのでお時間あるときにでもどうぞー










1766.jpg

1767.jpg

1768.jpg

1769.jpg
RICOH AUTO HALF E

何故だか僕はこの界隈で看板撮ってました。
京都の看板は和風、モダン、レトロと洒落てますね。

ハーフサイズのカメラは気軽に撮れるのでやはりお散歩カメラに最適。



1770.jpg

京都は銭湯まで雅ですね。



1771.jpg

六角堂というお寺に寄り道。
なんとなく名前がいいなと思って。

ここでは 『カチリ』 というどこかで聞いたことのあるシャッター音の後に
『ジー、ジー、ジー』と、どこか懐かしい巻上げ音が聞こえたので振り返ってみると
観光客らしきおばちゃんが『写ルンです』で写真撮ってました。

『写ルンです』だけを持って旅に出るもの昔懐かしい気分に浸れて良さそうですね。

まぁ実際やろうとしても直前でやっぱりもう1個カメラ持って行くでしょうけど。



1772.jpg
Nikon FM3A

京都と言えばイノダコーヒと言われるほど有名だという老舗のお店へ。
コーヒーじゃなくコーヒなんですね。
なんでだろ。



1773.jpg

ホテルのロビーのような空間と表現されてるのを見たんですけど確かにホテルのロビーのようでした。

お隣のご夫婦のテーブルになにやら大きなシュークリームがあったので僕もそれを注文。

『大きいですけどよろしいですか?』と聞かれましたけど僕はそれを承知で頼んでますよ。



1774.jpg

はい、こんな感じですね。
普通のシュークリーム3つ分もないくらいかな。楽勝でしょ。

と、思ったら中のクリームが濃い!食べても減らない!減った気がしない!

元々料理を残すのは嫌いな性質だし、なにより『大きいですが・・・』と聞いてきた店員さんに

『ほんまあの観光客、なんも知らんと』、と思われたくない一心で無理して食べましたが

あと少しがどうしても口に入らず残しました。

はい・・・すんません・・・なんも知らん観光客です・・・



1775.jpg

もう少しウロウロ出来る時間はありますが京都駅へ向かおうと。
ちょうどこれでフィルム撮りきったしね。

今回の旅はILFORD DELTA 3200 で、と決めてましたが
『なんかいいのが撮れた気がする』と、ご満悦でした。



1776.jpg

京都タワーから見た京都駅。
前日、通天閣に登ったので京都タワーにも登ってみました。
手持ちのカラーフィルムは400Hしか持ってなかったんですけど400Hで夜景もけっこういいですね。

青みがかる400Hがいい味出してる気がします。

京都タワーも通天閣同様、強制的に写真を撮られて後で買うかどうかを聞く商売してました。

ただ、通天閣のように、『はい!撮れタワ~』などと陽気な撮影係りはおらず
京都タワーは、『はい、撮ります・・・はい、ありがとうございます』とスタイリッシュなスタイルでした。

もちろん写真は断りましたがカードサイズの写真が無料で貰えたので通天閣よりお得でした。

あぁ、臓器移植の普及推進でこの日は京都タワーがグリーンにライトアップされてました。

まぁ、元々の京都タワーの色を知らないんで
『今日はグリーンですよ!』とか言われてよく分からないんですけどね。

ノリで来た割にはラッキーだったのかな。

この勢いを維持したまま年末ジャンボに夢を託してますけどどうでしょうね。



1777.jpg

1778.jpg

京都駅から新大阪駅へ移動。

いやー、恋人の研修にノリで便乗して来ましたが大阪・京都楽しめました。

研修で大阪来れるっていいですね。

僕は仕事柄、研修なんて絶対無い訳じゃないけどまず無いですからね。

あったとしても本社は広島だから広島かな。

まぁ広島だといつでも行けるし研修あったとしても日帰りでしょうね。

今回、研修に参加した人は数年後にまた必ず大阪で研修があるようです。

また、タイミングが合えば便乗したいなぁ。

一人分の交通費が浮くって魅力的ですからね。



1779.jpg

恋人よ、また今度の研修も便乗するぜ。

今度は奈良とかいいかもね。


と言ったところで大阪・京都旅行記閉めます。

長々とお付き合いいただいてありがとうございます。

では。

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/395-50a6ef37

Comment

きとり* | URL | 2014.12.24 23:15 | Edit
こんばんは^^

長々と・・・大阪京都、楽しませて頂きました^m^
シュークリーム、お写真では
そんなにでっかい感じもしないのだけど
大きさよりも、濃さにやられた?
3つ分の濃いクリーム、うーんこれは確かに厳しいかも^^;
何も知らん観光客、いいじゃ~ないですか。ねぇ^m^
atushi | URL | 2014.12.25 22:19
>きとり*さん

旅行記、長くなって申し訳ないです。
自分の日記的な意味もあるのでつい長くなってしまいます(笑)

シュークリームですね、僕もお隣のテーブルで見た時は
おっ、あれぐらいが男にはちょうどいい量だなって思いましたよ。

一口食べたところ・・・
うん・・・これは食べ切れないかもしれないな・・・と思いました。
『だから言ったのに』って思われたくなかったけど無理でした。
観光はちゃんと下調べが大事かもしれないですね(笑)
狛 | URL | 2014.12.27 07:05 | Edit
おはようございます、atushiさん。
便乗で満喫、満喫している感じがばしばし伝わってきます。
イノダコーヒーはたしか、昔入ろうとして一杯で入るの諦めた店のひとつではなかったかな。
内容がどうなってるのか体感できて良かったです。

でかいシュークリームといえば、佐世保の「はちのや」を急遽思い出しました。
対戦車地雷くらいある超巨大なそれを家族で食うんだそうですが、ノーマルも前時代の手榴弾的なでかさと重みがあって、ぐっときます。
フルーツが入ってて、なぜか黒蜜をかけて食うんですが、確かに、フルーツ等酸味でもちょっとなければ、残してしまいそうですね。

「ほんまあの観光客、何も知らんと……」
この一言で泣いちゃいそう。
atushi | URL | 2014.12.29 19:07
>狛さん

こんばんわ。お返事が遅くなってしまいました。

急遽決めた旅にしては十分楽しめました。
イノダコーヒは確かにお客さんが多かったですね。
ホテルのような内装と対応にちょっとした高級感を味わえましたよ。

佐世保の「はちのや」の超巨大シュークリーム?
いやいや狛さん・・・僕は狛さんさんの言葉のセンスや
ついつい引き込まれる文章力にはいつも関心してますけどね。
対戦車地雷ほどの超巨大とはさすがにそれは大げさですよ。

ってネットで画像見てみましたがほんとに対戦車地雷くらいありそうですね!
対戦車地雷を見たことないですが(笑)
佐世保には数年前に一度行ってますがこれは知りませんでした。


思い立ってどんどん北上してみる狛さんの旅もおもしろそうでいいですね。
茨城北上、楽しく拝見させていただいてます。
Aqua | URL | 2014.12.30 07:36 | Edit
イノダコーヒ、興味わいたので調べてみたら、
長野市にもあるみたい!今度行ってみますね。
ほんと、カメラ持って歩きたい場所ですね。
そして、撮影の後は銭湯で1時間くらいゆっくりしたいです。
富士山の絵がイイですね~。
お!彼女さんのワンピ、カラーでUPを待ってました~♪
やっぱりかわいい(*^^*)
atushi | URL | 2014.12.30 20:40
>Aquaさん

イノダコーヒが長野にもあるのですね。
是非シュークリームに挑戦してください。
2~3人で分けて食べるのがベストです(笑)

カメラを持って待ち歩きは最高です。
知らない街だと文化とかそんなのにも触れれる気がして。
銭湯に富士山は定番でいて粋でしすよね。

このワンピは僕も気に入ってるので暖かくなったらまた着てもらおうと思ってます♪
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: