旅行記③ うさぎ島日和

475.jpg
Nikon FM3A kodak ULTRA MAX 400

海がキラキラしておりました

向こうに見えるは小さな海水浴場に灯台

写真ブログと名乗ってる割に文章が多いというこの構成

いささかの抵抗を感じておりますがまぁ旅行記という事で良しとしましょう


相変わらずのうさぎ島です
よかったらmoreへどうぞー








さて、うさぎ達にキャベツをあげつつようやく自分達も弁当を食べ終わりました。
ここまで時間がかかり過ぎです。
夕方にはここを発ち尾道へ向かわねば!

先を急がねばいけません・・・が!





476.jpg
祖父母とお孫さん。

急ぎたいところですがこんな場面に遭遇したら撮っちゃいますよね。
小さな女の子のリュックにうさぎがあるのがまた良いですね。


477.jpg

この後すぐに小さな女の子はおばあちゃんにおんぶをねだります。
おばあちゃんはおんぶしてあげて歩いて行きました。

お孫さんの世話も大変ですね。

ばあさんにねだってわしには何故ねだらんのんじゃ!と思ってるであろう
おじいさんの胸中を察すると涙で視界がぼやけてきますね。



ん?あれ?
1番乗り場の看板・・・2番乗り場はここより600m?
え?は?マジで?

島に着いてずい分時間が経過した気がしますがたった600mしか進んでない事が判明。
本当に本当に先を急がねば!





478.jpg
ほう、さすがはうさぎ島。こんなモニュメントが。


479.jpg
ほう、これは波の音を聞いてごらん。的なやつですね。
どうせなら試してみましょう・・・





うん・・・なにも変わらない(笑)

これはあれですね。
デザイン性を重視するあまり機能性を犠牲にしたタイプですね。

いやいや、製作者の意図に想像を膨らましてる場合じゃないです。
先を急ぎましょう。



話は変わりますが
うさぎ島こと大久野島のHPで捨てうさぎ禁止の注意書きを見ましたし
島のトイレ等にも捨てうさぎ禁止の張り紙はありましたが・・・


480.jpg
Nikon FM3A kodak PORTRA 160
これ・・・顔が大きいし元ペットのうさぎですかね。

ここでなら捨てても生きて行けるだろうとでも思ったのですかね。
なんでしょうかね。。。

島には他にも元ペットらしきうさぎを何羽か見かけました。


悲しい気持ちにもなりつつ先に進みます。


481.jpg
Nikon FM3A kodak ULTRA MAX 400
島のメインである休暇村辺りにいたグループ。



482.jpg
なんかヤンチャなうさぎ達でした。
丸ごとキャベツは取られないように常に隠してたのですがそれすら狙ってきますからね。
と言うか背後から食べてますね。



483.jpg
キャベツも小さくなってきたのでここらでニンジンも解禁です。



484.jpg
少し日が傾いてきました。
まだ半分も来てないと言うのに。。。



中学生か高校生くらいの少年達が釣りをしてました。
もうおっさんと言われてもしょうがない歳になった僕にはただただ眩しい光景です。
少々センチメンタルな気分になりました。



485.jpg
まるでその時の心境がそのまま写ったかのような写真が撮れました。

若さはないが俺にはカメラがある。
それでいいじゃないかと思ったところで次回へ続きます。

困ったなー。
話が進まない(笑)

尾道編はさくっと済ます感じにしましょうかね。

では。

旅の記録はコチラ

日曜にどこか紅葉を見に行こうと思ってましたが雨予報出てますね。
雨かー

Trackback

Trackback URL
http://sirokuro0714.blog.fc2.com/tb.php/205-f5341e04

Comment

kozoh55 | URL | 2013.11.08 00:19
ましたよ、atushiさん。
じいちゃんとばあちゃんと孫、
もちろんじいちゃんはお互いのうん十年後、、かも。
男なんて、生きているだけでいい方かも
しれませんし。
うさちゃん島は童話のような風景です。
彼女さんはめちゃ人気者で後ろからも
食べられてます。
アンパンマンのように顔を食べられては
たまりませんね。
「うん、、何も変わらない」
いえ、そんなことはありません。
お二人がそこに顔を入れている姿が
残されているはずですから。
尾道編、楽しみにしております。
私も、大阪、仙台へと飛びます。
またお邪魔します。
Mika | URL | 2013.11.08 00:47 | Edit
こんにちは~♪

2,3枚目、これ撮らなければ先に進んじゃいけないですね。
なんと素敵なお写真♪
私もおじいさんのことを考えたら涙が・・・
って、おじいさんの背にはすでにリュックが!
この上からお孫さんをおんぶするのはかなり大変かと(笑)
うさぎ付くしですね♪
もう、何も言いませんよ・・・いや、一言だけ
やっぱり、かわいい♪もっと見せて~♪
二言になっちゃった(笑)
フランク | URL | 2013.11.08 15:22
はああああはあwwwwウサギ島あああ(*゙p゙*)
ステキな記録をありがとうございますっ
これはもう行くときの参考にしろってことですね!
隠してても餌が食べられちゃう写真が可愛くて好きですw

ああ、自分もなんだか若い子たちがキラキラしてみえます・・・(*゙ω゙*)見守りたい・・・・。
みき | URL | 2013.11.08 19:42
来年行こう!
夫(←動物好き)がハアハアする事間違いなしだわ。
キャベツとニンジン、どっちが好きなんかね。
私はキャベツ派(←誰も聞いてない)

瀬戸内の海っていいですよね。大好きです。
尾道編・・・さくっと済まさず、じんわりお願いしまふ。
Aqua | URL | 2013.11.08 21:26 | Edit
もう笑いがとまりません!
読み進むごとに笑っちゃいます。
背後からも狙ってくるなんて、
ここのうさぎたちはすごいですね。
それにしても、うさぎ写真、最高ですよ。

尾道編、さくっと終わらせないでください(TOT)
atushi | URL | 2013.11.08 21:53
>kozoh55さん

見ていただけましたかkozoh55さん。
男なんて存外に扱われてなんぼの生き物ですよね(笑)

旅から帰ってもう1ヶ月近く経つでしょうか。
未だに夢のような気分です。
夢だったのかもしれないとまで思うほどに。

>お二人がそこに顔を入れている姿が 残されているはずですから。
kozoh55さんのこのような発想が素敵だなと思わされるのです。
僕には無い発想をお持ちなんですよね~。kozoh55さんは。

大阪に仙台ですか!
これまたおもしろそうですね♪
こちらこそ楽しみにしております。
atushi | URL | 2013.11.08 21:58
>Mikaさん

向こうの方から歩いて来た祖父母とお孫さん。
急ぎたいところですが密かにカメラ構えて待っちゃいますよね(笑)
この桟橋の所で撮りたい!って。

このおじいさんリュックに帽子に
おじいさん一人だけでも絵になってますよね。
僕のツボでした♪

この島300羽もうさぎがいるらしいですよ。
なのでまだ出てくるのかもしれないですね(笑)
見ていただいて感謝です。
atushi | URL | 2013.11.08 22:03
>フランクさん

参考に?いえ、違いますよ。
行け!ってことです(笑)

この旅行記、僕のブログを見てうさぎ島への観光客が増えて…
うさぎのエサが増えて…僕達がまた行く頃にはうさぎが倍増!
という壮大な作戦が隠されてます(笑)

生意気な小僧はいけませんが健全な若者はキラキラしてますね。

フランクさん是非ウサギ島行ってください!
そしてうさぎのイラストを是非!
うさぎとキノコの絵なんて特に是非!
atushi | URL | 2013.11.08 22:11
>みきさん

僕達が見たうさぎ島のDVDは撮影したのが春の季節で
舞い散る桜とうさぎの映像が良かったです♪
また春にでも行きたいと思ってます。

他の客が置いたのか地面にはうさぎのえさがちらほら落ちてましたが
僕達のキャベツとニンジンの方が人気でしたよ♪

僕は鍋に入ってるえのきが今食べたいですね(←まったく関係ない)

歩き回って疲れた旅でしたが瀬戸内の穏やかな感じには癒されました。
尾道編も良かったらまた見てやってください。
atushi | URL | 2013.11.08 22:17
>Aquaさん

笑っていただけてやった甲斐がありましたね。
僕自身も写真を見ながら思い出したり文章考えたり楽しみながらやらせていただいてます♪

>ここのうさぎたちはすごいですね。
人間をなにかくれるやつとしか思ってないのでしょうね(笑)
寄って来てくれるくせに触ろうとするとひょいと避けるのですよ(泣)

尾道編ですね~、Aquaさんの期待に応えられる出来になるといいのですが・・・
お時間ありましたらまた覗きに来てやってください。
くっく | URL | 2013.11.09 09:55 | Edit
昨日図書館でうさぎ島の写真集を見つけました。
四季折々にいいところですね~
おばあちゃんとお孫さん
うん!やっぱり風景だけより
ちょっと人がいるっていうのが私好きです♪

それにしても捨てうさぎ
あるんだろうなぁとちょっとさびしい
でもここなら仲間も多くてきっと大丈夫ねって
もと飼い主も思うんでしょうかね。
atushi | URL | 2013.11.09 17:56
>くっくさん

うさぎ島の写真集?しかも図書館に!
これは僕もチェックしに行かないといけないですね(笑)

そうですね~。ちょっとだけ人が入るとやっぱり生活感とか
想像が膨らみますよね♪

うん。。僕も昔は実家で犬を飼ってた身としては
ペットを捨てるって選択肢がまったく理解出来ませんね。
人それぞれ事情があるのでしょうが『捨てる』以外の選択肢もちゃんと試したのかなと。
安易に飼って安易に捨てるのであればそれはどうなのかなとは思いますね。
白雪 | URL | 2017.05.08 14:19 | Edit
こんにちは。
atushiさんもよく大久野島に行かれるんですね。
私ももう数えきれないほど行っているんですが
最近行く人が多くなって、フェリーに乗るのも大変そうなので
なかなか行く気持ちになれないでいます。

で、何故ここへコメントしたかと言うと5月2日の記事に
(うさぎ島のうさぎは触られるのは嫌い)というフレーズがあったので
この6枚目のうさぎさんの写真を探していて、この元ペット?とのコメントを見ちゃったので
コメントせずにはいられなくなりました。

この6枚目の子はここで産まれた子です^^
ご安心ください。
白黒の同じような模様の兄弟も何匹かいたのですが
なわばりの関係からかみんなバラバラになっちゃいました。

同じ頃に生まれた子たちはほどんどいなくなって
展望台へ上っていく途中にいる牛柄模様の子(しな子といいます)だけがまだ
元気にしています。

ちなみにこの子は片方だけだけど、眉毛があるみたいに見えていたので
まゆゆって名前が付けられていました(笑)

うさぎ島ではこの子だけが人になでなでされるのが大好きでした。
もういなくなってしまったけれど…。
確かどこかにこの子をasushiさんの彼女さんがなでなでしている写真があったなと
…ありました!2014年8月23日の7枚目(笑)

ただそれだけお伝えしたかっただけなのに、長々とごめんなさい。
atushi | URL | 2017.05.15 10:47
>白雪さん

こんにちは。
ずいぶん前の記事にまでコメントありがとうございます。

僕も初めて大久野島を知ったのはネットで話題になったあたりだったのですでに人が多かったですが
たしかに最近はさらに人が増えている気がしますね。

妙に人懐っこくて触ろうとしても全然逃げる気もなさそうでなでなでさせてくれる不思議なあの子。
しかも一羽で寂しそうに居たのでもしや飼われていた事があるのでは??と思ったのです。

なるほど、島の生まれの子でしたか~。
ペットのうさぎを捨てに行く人がいるらしいとの情報をネットで見ていたので心配してました。
うさぎ島のうさぎには名前が付いているんですね~。
まゆゆ(笑)

ありがたい情報をありがとうございます。
うさぎ島は微妙に遠い場所にありますし行くとなると島で半日は居る事になるのでなかなか行けませんが
今後も訪れたいと思っています。
Comment Form
公開設定

プロフィール

atushi

Author:atushi
2018.1.1 結婚

画像の無断転用ご遠慮ください

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: