二日遅れの正月休み

3452.jpg
Nikon FM3A

乾燥で肌が痒くて痒くて、肌の潤いがなくなってるんじゃないだろうかと

ふとした事で老いを感じてるatushiですどうも

昨日は恋人と友人Tちゃんと忘年会めいたお食事会で僕と恋人は打ち合わせもしていないのに

アイボリー色のニット帽にラベンハムのジャケットに濃紺色のコーデュロイパンツと

偶然にもばっちりとペアルックでキメて来た感じになってしまって少し恥ずかしかった

これでお互いに靴がコンバースだったならばもう完璧

そんな感じの年末

とりあえず今年最後の更新

皆様、よいお年をお迎えくださいませ



moreに続きます
お時間ある時にでもmoreへどうぞー






+ Read More

サンタのジジイが来ねえもんだから宝くじの神様に期待するしかねえ

3451.jpg
HASSELBLAD 500C/M sonoda coffee

師走らしく忙しくしているatushiですどうも

週末のクリスマスは広島で一泊してきました

と、言うとクリスマスにむちゃくちゃ気合入れたなって勘違いされそうだけどね

実はクリスマスなんぞは僕も恋人も興味はない

ケーキぐらいは食べて雰囲気だけを少しだけ味わうくらいでちょうどいいと思ってる

それが半年先まで週末は予約で埋まっている人気のお宿が奇跡的に取れたからさ

たまたまその日がクリスマスイブだったって訳

キャンセルが出ないかなと暇さえあれば何度も何度も覗いてみたおかげだね

さて、温泉付きのお宿でゆっくりして師走の疲れを癒すぞい、と

温泉付きのお宿も夜勤明けに寝ずに出発でプラマイゼロ

カメラとキャベツ片手にうろうろしっぱなしでむしろマイ

夜勤明けに寝ずに出かけるのは本当にもうやめようと思ったクリスマスでした






がんばってる大人にこそサンタは必要だと思わねえか?

3450.jpg
HASSELBLAD 500C/M sonoda coffee

OH~、サンタサァ~ン、サンタスヮ~ン

え?日本語で大丈夫って?日本語が通じるなんてさすがだね

カメラが欲しいよサンタさん

ライカのM3かM4かM6を僕におくれよ

レンズもちゃんと付けてね

ライカのレンズなんて高くて手が出せねえんだから






11月25日 恋人始動中 (副題 広島のケーキ屋さん)

3442.jpg
Nikon FM3A

活動休止状態だった恋人のバンドが始動して3度目のスタジオ練習の日

スタジオに向かう恋人に少しだけ時間を作ってもらって写真を撮った

なんで駅で撮るん?との恋人の問いに

無人駅やし人に邪魔されんでええやろ、と適当に答えといた

実は始動中の恋人と駅のホームが上手く合わさったらおもしろい写真が撮れるかもしれないと

僕が企んでいた事を恋人は知らない



そうそう、今回はタイトルの副題にも注目して欲しいんだけど
広島のケーキ屋さんでおすすめがあったら教えてください
場所は廿日市~竹原ぐらいで
ネットで軽く調べてみたら安佐南区のパティスリー マチルダさんがアーティスティックなケーキで
僕はそんなケーキを食べた事がないから気になっているんだけど場所が少し離れてるのが難点なんだよね
おすすめありましたら是非


写真の続きはmoreへ
よろしかったらmoreへどうぞー






+ Read More

おまけのアートふる

3440.jpg
HASSELBLAD 500C/M

アートふるの範囲外だけど歩いて行ける距離なので山口県政資料館(旧県庁)へ

ここはポートレートを主に撮っている人達が撮影場所としてよく使っているので

存在だけは以前から知っていて、気になりつつもなんとなく避けていた場所だ

まあこれもいい機会かなと、ついでに寄ってみようかなと軽い気持ちでここに来てみたが

なるほどね、ここがポートレートでよく使われる気持ちが分かったよ

たまたま偶然にも僕達が足を踏み入れるのと同時に結婚式の前撮りをする一団と一緒になった

一体どういう感じに撮るのかなと邪魔にならない程度に盗み見してやろうと思った



3441.jpg

カメラマンにレフ版を持った人にヘアメイク担当のスリーマンセルはすさまじいテンポで

次々と撮影場所を移動しバシバシと撮っていたのでもう盗み見するどころじゃなくて

僕の頭にはなんだか「風と共に去りぬ」という言葉が浮かんだ






アートふる山口⑩

3439.jpg
HASSELBLAD 500C/M

なんだか古めかしい年代物の家屋の塀に張られていたポスター

へー、読書會ねえ

参加条件は本を一冊とお菓子を持参する事

持って来た本は参加者内でシャッフル

畳の和室で寝転がって持ってきたお菓子を食べながら読書

参加者内でのお菓子の交換は自由

ただし不平等なお菓子の交換を求める者は退出してもらいます

参考
・ポテチ2枚とポッキー1本
・ポテチ3枚とパイの実1個
・チョコパイクラスのお菓子にはポテチ10枚は必要です

こんな読書會ならおもしろそうだなあ

ちなみに僕の読書(マンガ)のお供はポテトチップスコンソメ味が定番

写真の読書會はネットで検索してみたら僕には合わなさそうな會だった






アートふる山口⑨

3438.jpg
HASSELBLAD 500C/M

アートなイベントに行ってみたり美術館やギャラリーにも行ってみたりはするけれど

アートだ、芸術だ、と言われても結局の所、気に入るか気に入らないかの区別しか僕には出来ない訳で

でも居酒屋のこんな佇まいこそアートじゃねえかなとか思ってみたりするんだけど

居酒屋にアートとかねえか、居酒屋にアートだなんて無粋だなと思ってみたりして

まあ、とりあえず僕はこんな店でしみじみ飲んで下ネタを一つ二つぶちかまして

爆笑をかっさらって去っていく、そんな飲み方が似合うオヤジになりたいなあと思う訳です

下ネタなんてのはね、女性からは敬遠されがちだけど誤解もいいとこ

知性とセンスとユーモア、すべてを必要とされる非常に高度なジョークだよ下ネタは

そして人類がまだ文字も言葉すらも生まれていない頃

人類初のジョークは下ネタだったと僕は睨んでいるよ






アートふる山口⑧

3436.jpg
HASSELBLAD 500C/M

『アートふる』、なんてイベントに来てるんだから僕もアートな写真を撮ってみようかな

たまたま発泡スチロールの箱が風かなにかで飛んだんだろうね

道路に落ちてたから恋人に立ってもらって一枚撮った

うん、やっぱりアートとかよく分からんし僕には撮れないや

『止まれ』の文字の方を大きく撮ればまだ良かったのかな



3437.jpg

その点、恋人をただ後ろから撮っただけの写真はなんだか意味や意図がありそうだし

なんとなくそれっぽく写ってくれるから楽でいいなと思う






アートふる山口⑦

3435.jpg
HASSELBLAD 500C/M

アートふるが開催されてる町の範囲をぶらりぶらり

ついでに龍福寺に寄ってみた

山口市の観光ポスターにでも使えそうな写真が撮れた

山口市観光課の人、この写真好きに使っていいですよ

もちろん使用料はいただくけどね






アートふる山口⑥

3434.jpg
HASSELBLAD 500C/M

米屋の前を通りがかると、よかったら二階を見て行ってくださいと声をかけられた

二階に何があるんだろね、と行ってみるとリフォーム中だった

そこにいたのは歳は僕とほぼ同じくらいか少し上くらいか

筋骨隆々の黒く日焼けをした、いい貌をした大工がいて少しお話させてもらった

こういう古い建物のリフォームって予定通り行かないものですか?

ああ、じゃあ当初の予算をオーバーする事もあるんです?と色々と質問を投げかけてると

もしかして古民家に住もうと思ってる?と聞かれたので

いいなとは思うけど住むのは無理かなと答えた

古民家は相当の覚悟がないと住まない方がいいとの事

それっぽいお店に行って、いいなぁと思うくらいにしといた方がいいとの事

なんだったかな?この久しぶりに感じるこの感じはなんだったっけ?と

僕は大工と話してる最中にずっと考えていた

ああそうか、会話中に感じたあの感覚は久しぶりに自分の仕事に誇りと自信を持っている人と出会ったからか

と、気づいたのは大工と別れ、隣のたこ焼き屋でたこ焼きを頬ぼっていた時だった






アートふる山口⑤

3432.jpg

3433a.jpg
HASSELBLAD 500C/M

ぶらりと寄ってみた和菓子屋さんと畳屋さんでは使い込まれた古い道具が展示されていた

古い物には魂が宿るとか付喪神だとかって言うけどあれはちょっと違うと言うか言葉足らずだと思うよ

『よく使い込まれた古い物に魂が宿る』、だと思うよ

和菓子屋さんのはたい焼きを焼く道具だと簡単に推測が付くけど

畳屋さんの道具は使途不明な物ばかりだった

ほう、若けえのそいつが何だか分かるのかい?といった感じで
(僕が勝手にそう感じただけ)

店の奥から僕のことをじっと見つめる店主の視線をビンビンに感じて

こいつぁ気ぃ抜いて撮ってらんねえな、と気合を入れてシャッターを切ったがあまり上手く撮れてはいなかった


moreで夜勤勤務のお楽しみを
興味がありましたらmoreへどうぞー






+ Read More

アートふる山口④

3430.jpg
HASSELBLAD 500C/M 車のナンバーは加工

適当にぶらぶらと歩いていたらなにやら古い車やバイクが展示している場所があった

話が合って楽しいんだろうね、車やバイクのオーナーさんらしきおじさん達は固まって談笑していた

こんな所ででハッセルなんて古いカメラで写真を撮っていると
(正確には僕のハッセルは割と新しい年代の個体だけど)

「ずいぶん古いカメラ使ってるね」なんて声をかけてもらって少しお話させてもらった

ハッセルで写真撮ってるとおっさん達にモテて困る

知らない人と話すのは好きだから別にいいけどさぁ

おっさんにモテるよりは若い女の子にモテたいお年頃だよ僕は



3431a.jpg

古い三輪車の荷台で弾き語りというシュールでおもしろい光景に夢中になって撮った一枚

今思えばこんなおもしろい光景に出会える機会なんてそうそう無いのだから

落ち着いて構図なり撮り方なりを考えて撮ればよかったなあ






アートふる山口③

3429.jpg
HASSELBLAD 500C/M

よく分からないけど耳にするようになったVRというやつを体験する恋人

おぉ・・・うぉ・・・とか言って何もない空中に手を伸ばす様は傍目に見てる分にはただの変態だ

恋人の体験が終わり僕の番

うぉぉ、海の中じゃねえか、目の前をイワシかなんがが泳いでやがる

色々な方向を見てくださいって?

試しに下を覗いてみたら沈没船

おぉ、すごいリアルじゃねえかダイバーになった気分

左を見ろって?・・・うおっクジラが俺の方に向かってくるぞ、けっこう怖い、いやほんとに怖い

大きな大きなクジラが僕のすぐそばを悠々と泳ぎ去ったところで体験終了

VRが一般市場に出始めた頃は数百万円もして、それが数年前には数十万円になって

今では技術は格段に進歩したのに数万円で買えるようになったんだって

いずれは野球やサッカーをこれで観戦出来るようになるんじゃないかなって話だけど

おもしろそうだけど疲れそうで嫌だなぁ、その頃には歳を取ってるだろうし

お礼を言い忘れたけどここを勧めてくれた警備員さんありがとう

ここすごくおもしろいですよ、とスタッフならまだしも警備員さんに声をかけられるなんて

珍しい事もあるもんだと寄ってみたけどマジでおもしろかったよ

体験を終えた僕に恋人曰く、傍目で見てると僕の様はただの変態にしか見えないとの事だったけど

キミもそうだったんだよ






アートふる山口②

3428.jpg
HASSELBLAD 500C/M

昔々、山口のお殿様の大内氏

京都を模した町造りを目指した際に鴨川に見立てたという一の坂川

かつては西の京と称されるほどの日本有数の大都市だったとの話だが

現在は観光地と呼ぶに足り得る程には町並みは残っちゃいないのは残念だ

とは言えここら界隈はカメラを持ってぶらりと撮り歩くにはなかなかいい場所で僕は気に入っている

歴史が少し違えば山口も都会の仲間入りをしていたと思うとこちらの方も残念な話だ






アートふる山口①

3427a.jpg
HASSELBLAD 500C/M

秋の頃

町の民家やお店が小さな美術館となるアートふる山口へ今年もぶらりと行ってみた

去年だったか着物のレンタル・着付けが500円というのをやってて

500円?やっす!とか思ったんだけど時間がなくて来年こそは・・・と、思ったけど

今年も結局、時間の都合で着物は着れず

着物のレンタル・着付けが500円って破格のお値段だよね

来年こそは着物を着て町を歩いてみたいものだ

着物姿にハッセルぶら下げて写真撮り歩いてたらかっこいいと思うんだよね






プロフィール

atushi

Author:atushi
画像の無断転用ご遠慮ください

お問い合わせありましたらお気軽に

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: