苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 2月某日、岩国市商店街周辺③

2939.jpg
Nikon FM3A

岩国、それほどおもしろくねえなーとか
(カメラ持って歩くにはの意味で)

米軍基地辺りをぶらついた方がよかったかなーとか

にわか鉄っちゃんになってローカル線、錦川清流線を撮りに行った方がよかったのかなーとか

色々思ったけどこの写真が撮れたことで岩国まで来た価値はあったなと

撮った瞬間、「いいのが撮れたはずっ!」って思ったもんね

デジタルと違ってその場で確認出来んけどさ

これは思った通りに撮れてて自己満足、自画自賛








苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 2月某日、岩国市商店街周辺②

2936.jpg

2937.jpg

2938.jpg
Nikon FM3A

県内と言えどよく知らない街、岩国
何年かに一度、『錦帯橋』か『山賊』に行くくらいかな

岩国は山口県の東部に位置する街
中部に住む僕のところからだと高速道路を利用しようか悩む距離感
そもそも岩国に行くならもう少し足を伸ばして広島県の広島市内に行った方が遊べるし買物にも都合がいい

これと言って面白味を感じない商店街出て周辺を散策してみる

中部に住む僕がついつい岩国に行くぐらいなら広島に、と思ってしまうのと同様に
どうやら岩国市民も近場の広島に遊びに出てるのかな?
あまりに活気が無さ過ぎだもの
岩国基地の外国人をスナップ出来ればおもしろいかなと思っていたけど外国人すらいないじゃない
米軍すらも広島に遊びに出てるのかな

ずっと以前、某ネット掲示板で山口県のことを
『東部は広島の植民地、西部は福岡の植民地、中部・北部の事はよく知らない』と揶揄した書き込みを見て
思わず、上手い!と手を叩いたものだがあの揶揄はセンスの良い揶揄だったよ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 2月某日、岩国市商店街周辺①

2933.jpg

2934.jpg

2935.jpg
Nikon FM3A

年が明けてから門司、山口市、秋吉台と苦手な単焦点50mmで写真を撮ってはみたけれど

よくよく考えてみたら門司も山口市も秋吉台もよく行ってる場所だよ

出掛けるときはいつもカメラをぶら下げてる僕にとって撮り慣れてる場所とも言える

これじゃあいくら撮っても撮り慣れてるだけじゃねえの?って疑問が沸いてきた

西岩国駅のハンドメイドイベントに遊びに行くついでによく知らない街、岩国をぶらついてみようかと

はい、某国の大統領が広島訪問の際に経由した岩国基地がある岩国市

フィルムで撮影→現像に出す→手元に返ってくる→写真選別、のタイムラグがあるし

そもそも僕は撮影済みフィルムが3本くらい貯まったら現像に出すタイプ

場合によっては8本くらい貯まってから一気に現像に出したりするずぼら野郎

どうしても季節感の狂った構成になってしまう僕のブログにしては珍しく旬の話題に乗れた気がする

まあ、フィルム写真でブログやるとしょうがないんだけどねえ

デジカメの写真ブログで「今日、○○に行ってきました」とか鮮度の良い写真を載せられてるのを見ると

実はちょっと羨ましかったりしてます






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 2月某日 防府市、とある島の小学校にて

2931.jpg

2932.jpg
Nikon FM3A

そこで写真撮りたいからちょっと入ってと言えばすかさずタイヤの上でポーズを決め

動きが欲しいと言えばすかさず飛んでくれる僕の恋人






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 2月某日 防府市、工業地帯周辺

2927.jpg
Nikon FM3A

103年間稼動したJT(日本たばこ)の工場が閉鎖されて気がつくと敷地をぐるりと工事用の壁で囲われていた
高い壁のおかげで中はうかがい知れないが解体工事でも始まるのだろう

またしばらくして気がつくと、とっくに解体工事が終わったであろうに工事用の壁はそのまま

普段なら別段気にも留めないがスケボーを始めた今の僕は違う
ある想いを抱いて立ち入り禁止のバリケードが無くなる日を心待ちにしていた



2928.jpg

2929.jpg

モノクロの写真でどこまで伝わるかは分からないけどピカピカのツルッツルのアスファルトがそこに
もしかしたらそうなんじゃないかと睨んでいたけどこいつは思った以上だ

滑る滑る、もうむちゃくちゃ滑る
一度地面を蹴ればどこまでも滑って行くぞ
このままどこにでも行けちゃうんじゃないかな
あまりに滑りすぎて気を抜くとこけそうになるほどに滑る滑る

入り口の看板を見るとここは『テクノタウン』という名称に変わり
いくつかの工場が立ち並ぶ工業団地になる構想があるようだが
僕の街に新工場を建てる体力がある会社がどれほどあるのかは疑問だし
企業誘致ってそんなに上手く行くのかい?

しかしこの状況は望ましい
目下のところ誰にも邪魔されないここは僕の最高の遊び場となっている

車も来なければ人も来ないこの場所だが野良犬はいる
どうやら2つの野良犬グループの住処のようだ
一つは黒犬ばかりの子犬もいる優しい目をした大人しいグループ
最初は僕を見ると逃げていたが最近では逃げなくなったのでいい感じの距離感を保てているのだと思う

もう一つは僕を見かけると狂ったように吠えて威嚇してくる色んな毛並み達のグループ
もう慣れてくれてもいいだろうにと思うが相変わらず吠えられている
しかし彼らも縄張りに近づかなければ吠えてはこないようで
なんとなく縄張りの境界線が分かった今はお互い我関せずの関係が保てていると思えるようになった



2930.jpg

工場建設が始まれば僕も彼らも行き場を失う訳で
どちらのグループにも僕は仲間意識を持っているのだけれど






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 2月某日、近所周辺

2924.jpg

2925.jpg

2926.jpg
Nikon FM3A

とある夜勤勤務の日

仕事に向かう前に着替えとスケシュー(スケボー用の靴)とスケボーを車に積み込む

あとカメラも

近所にスケートパークがあるんだけど休日なんかはいつ行っても誰かしら先客がいるんだ

ネットなんかの情報じゃスケートパークにいる人達はフレンドリーらしいけど先客がいたら入りづらいじゃない?

だってへっぽこスケーターの上におっさんスケーターだもん
(だけど 涙が出ちゃう女の子だもん風)

朝の通勤ラッシュで街が混み合い始める頃、僕はこそこそとスケートパークへ

『明日も仕事、怪我はしない』を胸に誓いおっかなびっくり滑る

寒波がやって来た僕の街は気温0度、時折小さな雪が降る中を滑る

調子が出てきた辺りで盛大に転んだ

冷たいアスファルトの上を体育座りの格好でしばし呆然とした

心が折れる音がはっきりと聞こえた気がした

即帰宅、即食事、即入浴、即就寝

俺らの街にあんなやつがいたのかってレベルになれたら改めて行ってみようと思う

その時は休日の昼間に意気揚々と






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月下旬 秋吉台周辺⑥

2920.jpg
Nikon FM3A

秋吉台の遊歩道には地面に秋吉台に関連するクイズが埋め込まれていた

たぶん本当はもっとあるんだろうけど草なんかに埋もれて見落としてるんだろうね

僕も恋人も遠い遠い学生時代の記憶を呼び起こして割と真剣に考えたんだけどさ

肝心のクイズの答えは、『正解は秋吉台科学博物館へ』ってなんともモヤっとする締めくくり

正解載せといてよ、僕と恋人、果たしてどちらの答えが合ってんのか気になるよ

科学博物館って展望台のそばにある昔からあるあの建物?行ったことねえよ

せっかくだから行ってみようよ、どっちが合ってるかはっきりさせたい、と言う恋人に

入場料とか取られんなら行ってもいいけどね、と渋々了承



2921.jpg

2922.jpg

2923.jpg

秋吉台科学博物館はこんな感じ

恋人には不評だったけど僕はけっこう楽しめた

ただし肝心のクイズの正解がどこにも見当たらなかった事を除けばね・・


モヤッとついでにモヤッとした話をmoreで一つ
無駄に長いのでmoreに行かれても行かれなくてもご自由にー






+ Read More

苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月下旬 秋吉台周辺⑤

2915.jpg

2916.jpg

2917.jpg

2918.jpg

2919.jpg
Nikon FM3A

このまま終点まで歩いても戻るのがしんどいだけやしここらで帰ろうかと

なんだかんだで遊歩道を半分くらいは歩いたんじゃないかな

すすきが見頃な秋にまたここを歩くのもいいかもねとか思ったり

スタートした展望台まで戻ってきた辺りで僕らよりずっとずっと後方から来たであろうおっちゃんにぶち抜かれた

おっちゃんの方が元気なんじゃねえの?って思う時ってあるよね

あと、『半分まで来たはず』ってやつは大抵三分の一も行ってなかったりするよね






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月下旬 秋吉台周辺④

2912.jpg

2913.jpg

2914.jpg
Nikon FM3A

意外や意外、50mmで撮った写真が評判よかったりしてますけども

これで撮っときゃ間違いないって構図の三分割や三分の一を駆使してるだけで

実際、明らかな失敗写真はブログに載せてないだけだったりします

さて、苦手な50mmレンズで5月現在、今も写真を撮っている辺り上手い下手は置いといて

『苦手な50mmで写真を撮る』、は克服出来たように思います

なのでこのシリーズはここで終わってもいいような気もするんだけど

もうしばらく50mm写真+更新頻度高めでやっていこうと思うので

ちょくちょく遊びに寄っていただけるとありがたい






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月下旬 秋吉台周辺③

2909.jpg

2910.jpg

2911.jpg
Nikon FM3A

遊歩道を少し歩いたところでモノクロフィルムを撮り切ったのでそこで帰ってもよかったんだけど

どうせならあの丘まで歩いてみようかって話になったので

予備に持ってたポケットの中のカラーネガを装填

うん、モノクロの方がむしろ良いと感じたけど秋吉台はやっぱりカラーも捨てがたい

遊歩道をしばらく歩いたところで見つけたポツンと立てられた公衆便所の看板はなんかシュールだった

こんな広大な自然の中、もう野グソでええやん






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月下旬 秋吉台周辺②

2906.jpg

2907.jpg

2908.jpg
Nikon FM3A

初めてモノクロで撮った秋吉台
うん、なかなか良いと思う
むしろモノクロの方が好きかもしれない


僕がよくお邪魔させていただいてる写真ブログでお二人ほど

巨樹を撮られてる方がいる

お二人とも色々な写真を撮られているが巨樹は巨樹シリーズとしてシリーズ化している

おもしろい事してるなとも思うし、ようやるわとも思ったりもして楽しませていただいている

そんな二人の影響を知らず知らずに受けたのか僕は

今年の冬は木を被写体にした写真を多く撮っていた

このまま影響を受け続けたら樹齢何百年だとか、幹の太さが何メートルだとかいった

巨樹を追い求める巨樹ハンターとなる日も近いのかもしれない






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月下旬 秋吉台周辺①

2903.jpg

2904.jpg

2905.jpg
Nikon FM3A

1枚目 信号で止まっている時に逸る気持ちが抑えられない犬がおもしろくて助手席から窓を開けて撮った
2枚目 マイカーが普及してなかった頃は意味があったであろう前時代的なこの佇まいは気に入っている
3枚目 バス亭の裏側はご覧の通り、このまま自然にとことん侵食される様を見てみたいものだ


毎年毎年、新年を迎えると『今年こそは苦手な50mmレンズで写真を撮る』と目標を立てるも

ああ、やっぱり50mmは向いてねえやと早々に諦める僕にとって鬼門の1月下旬

正直、今年も気楽にバシャバシャ撮れる35mmレンズがあるんだからいいじゃねえかとか思った

でもほら、50mmで写真撮ってる人って大抵上手いじゃない?

カメラ持ってる人のレンズをチラ見して50mmレンズが装着されてたら「おっ、分かってるな」とか思うじゃない?

俺もそうなりたいしそう思われたいじゃない?

ここは無理してでも撮らねば今年も同じオチじゃねえかと

傷だらけの天使、もとい傷だらけの愛機FM3Aを手に取るとモノクロフィルムが10枚程度残っていた

モノクロ・・・モノクロか・・・じゃ秋吉台

秋吉台といえば春夏は草木が鮮やかな緑の景色に、秋冬はすすきやよく分からない植物の黄金色の景色

カラーネガでは何度も撮ってるけどモノクロではまだ撮ったことないぞ

モノクロで撮られた秋吉台の写真を目にした事はあるけどあそこは断然カラーが人気

モノクロで撮る秋吉台はどう写るんだろうか?

そして僕は何を感じるんだろうか?

そんな事を考えつつ秋吉台へと向かった








苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月某日、山口市中心街周辺④

2899.jpg

2900.jpg

2901.jpg

2902.jpg
Nikon FM3A

この日の〆は以前訪れた、ブログにも写真を載せた事がある昭和レトロな某純喫茶へ

前回と同じく恋人と二人で来て前回と同じ席に座る

前回と違うのはレンズが50mmだということとモノクロフィルム

そして頼んだメニューがパンケーキセットではなく僕は日替わり定食

恋人がフルーツサンドではなく鉄板ナポリタン

強烈なボケを楽しめる50mmレンズで便所の鏡を取り比べてみた

便所でまで何やってんだ?と思われるかもしれない

でもこの純喫茶は便所まで写真に撮りたくなる純喫茶なのだよ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月某日、山口市中心街周辺③

2895.jpg

2896.jpg

2897.jpg

2898.jpg
Nikon FM3A

門司港に比べてやっぱり50mmは撮りにくいなと感じたここ山口市
撮った写真を見るとどうやらこの日は恋人御用達のお店に寄って商店街を行き交う人々を撮っていたようだ
50mmのおもしろさは人を撮ってこそなのかもしれないと感じた


写真を撮られてる方が普段、パートナーと一緒の時はどうしているのかは知らないが

僕のとこはつき合った当初こそ遠慮して控えていたのだけど

文句一つ言わない恋人に遠慮なしに好きにバシャバシャと写真を撮っている

ありがたいことだ

しかしそんな恋人がここ最近、「若い女の子ばっかり撮ってない?ほらまた」と小言を言うようになった

いや、ほら、女の子の方がオシャレで絵になるじゃない?別に他意はないよと言っている

土曜は二人して日帰りで博多までライブを見に行った

帰り道、運転中に眠くなって少しだけ仮眠を取るつもりが結局朝まで車の中で寝てしまったのだけれど

本来はライブがメインで写真を撮る時間なんてないんだけどそこは大都会博多

普段、田舎では撮れない写真が撮れる喜びと共に

福岡の女の子ってかわいい上に男女比は女性の方が高いという土地柄

ライブの余韻にうっとりと浸る恋人を尻目にここぞとばかりに50mmでバシャバシャと撮った

時間がない為に我ながら雑な撮り方をしているなとは思いつつ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月某日、山口市中心街周辺②

2890.jpg

2891.jpg

2892.jpg

2893.jpg

2894.jpg
Nikon FM3A

前回の門司港で久しぶりに使った苦手の50mmレンズでさくさくと写真が撮れたのは驚きだった

あれ?俺普通に写真撮れとるやん、と

いつの間にか知らない内に50mmレンズを克服しとるやないかと

この時、門司港で撮ったフィルムはまだ現像に出す前で写真の出来は分かってないんだけどね

案外さくさく撮れたって事『だけ』に調子乗りの僕は調子に乗ったものだよ

しかしご覧の通りこの日の写真は正面から捉えただけの写真を連発

中にはアリかなと思える写真もあるけどこれはあれだな

モノクロマジックとでも言うのかモノクロで写真撮るとなんかいいよねってやつだな

そうかぁ、前回は色んな顔を覗かしてくれる門司港だったから撮りやすかっただけだったんだなあ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 1月某日、山口市中心街周辺①

2889.jpg
Nikon FM3A

更新頻度を上げると書くことねえなあ、と思ふ今日この頃

まぁ本来なら写真ブログに余計な文章なぞ不要、写真のみで十分

書いたとしても使用カメラに使用フィルムと撮影場所の明記を自分への記録用に

それぐらいの文字数が正しい写真ブログなんでしょうけどねえ

いやぁ僕もね、ブログを始める前はこういったスタイルのシンプルな写真ブログを始めるつもりだったんですよ

ああ、この人の撮る写真はなんかいいなって

一体どんな人が撮ってるんだろうとか思って貰えたら最高じゃねえかって

それがどういう事かこんな形になってしまうとは摩訶不思議

理想とする自分にはそう簡単になれるものじゃないって事ですな

ああ、写真の方はせっかくの休日に雨模様で特に予定も無かったので

カメラ持って隣町をぶらぶらしてみましたよって写真です

ゆーて休日はいつもカメラ持ってるんですけどねえ

ああ、更新頻度上げるとほんと書くことねえなあ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺⑦

2883.jpg

2884.jpg

2885.jpg

2886.jpg

2887.jpg

2888.jpg
Nikon FM3A

再び観光地の門司港レトロへと戻って来てパチリパチリと写真を撮り
知らない内にいつの間にか門司港の名物となってすっかり定着した焼きカレーを食して帰った



『苦手な単焦点50mmレンズ克服計画』と銘打っておきながらこの日の僕は

コートのポケットに僕が一番楽に扱えると思っている35mmレンズを忍ばせていた

50mmじゃやっぱり写真撮れねえやってなった時の保険に

実際にいくつかの場面で35mmレンズに換えて数枚撮った

保険をかけるなんざ日本男児にあるまじき行為

『撃ちてし止まん、撃って撃って撃ちまくれ』をスローガンに写真を撮っていきたいものだ

今回載せた写真の中に35mmレンズで撮った写真が紛れ込んでいたらそこはご愛嬌

どっちのレンズで撮った写真か怪しいのが1~2枚

紛れ込んでる可能性は大

では






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺⑥

2881.jpg

2882.jpg
Nikon FM3A

同じ場所で撮った写真なのにまるで違うこの2枚
これが50mmのおもしろさなのかなとか思ってみたり



10連休明けて二日目

体も気持ちも戻ってこず

これじゃあいかんなー

時間はかかるかもしれないけど一刻も早くGW前の状態に戻さなければ

そうだな・・・順調にいって3ヵ月後かな・・・

その頃には盆休みで9連休くらいあるっていうね

だめだこりゃ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺⑤

2879.jpg

2880.jpg
Nikon FM3A

けんけんぱ的な



10連休明けの仕事は朝起きるだけで辛かった

仕事に行くと体が重く思ったように動かなかった

だらだらと過ごしたせいで筋肉が落ちたのかもしれないし

むしゃむしゃと暴飲暴食を繰り返したせいで体重が増えたのかもしれない

もしくはその両方か

うん、たぶん両方だ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺④

2878.jpg

2875.jpg

2876.jpg

2877.jpg
Nikon FM3A

石炭の積み出し、大陸貿易で栄えた門司港

ネットの情報によると遊郭跡、赤線跡が残っていると

しかし年々姿は消して住宅街へと変わりつつあると

真偽の程は定かではないがネットで得た情報を元にその辺りをうろうろと






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺③

2872.jpg

2873.jpg

2874.jpg
Nikon FM3A

観光地である門司港レトロを離れ華やかさに欠ける商店街を抜けしばし放浪す


というかおいおいウソだろう・・・

えっ・・・ちょ・・・え?

10連休もあったGWが明日で終わりとは・・・






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺②

2869.jpg

2870.jpg

2971.jpg
Nikon FM3A

観光地である港側へ

道端に立てられた看板に『パレードあり、交通規制中』とあったので行ってみた

どこかの高校の吹奏楽部のパレードだった

これはこれはいい練習台だとカメラを向ける

いい瞬間が撮れたはずと手応えを感じたものだが現像から返ってきた写真は背景の木と被っていた

撮りたい被写体に集中するあまり背景の事を忘れてしまったってオチ

50mmはごまかしが効かないから苦手なんだろうなあ






苦手な単焦点50mmレンズ克服計画 正月三が日の門司港周辺①

2868.jpg

2867.jpg
Nikon FM3A

えー、世の中には単焦点レンズなる物がございまして

どういったレンズかと申しますとズームなぞ出来ませんよと

便利なズームが出来ない代わりに描写力は数段上ですよと

その分、自らの足で動いて写真を撮りなさいよと

まぁそのようなレンズでございます

24mm、35mm、80mm、100mmと、それはもうたくさんの種類がございます

その中でも標準レンズ、基本のレンズと称される50mm

写真を本気で学びたいなら最初の内は50mm以外は使うなとまで言われる50mm

写真を趣味とする私ももちろん初期の頃から所持しております50mm

しかし私このレンズが大の苦手でございます

ファインダーを覗いたところで一体何をどうやって撮ればいいのか分からなくなるのでございます

初期の頃から所持しておる割りにほとんど使ってない訳でございます

それでも不思議なもので、写真は50mmで撮ってこそ、とそう思っておる次第でございます

毎年毎年、今年こそは50mmを使いこなすを目標に掲げております

しかし新年早々に挫折しております

今年こそ、今年こそはと思い続け何年も経っております

おいおい、これじゃあいかんぞと

2016年、今年こそはとそのように思い

50mmレンズ克服をブログで宣言して自らを追い込む作戦でございます

しばらく単焦点50mmで撮った写真を順番に小出ししていこうかと思い

少しの間、更新頻度高めで行きたいなと

ちょくちょく覗きに来ていただけるとありがたい

そしてこの文書、鳥肌実の口調で読んでいただけると更にありがたい

では






ただいま山口

2866.jpg
FUJIFILM NATURA CLASSICA 撮影者:恋人

ノープランの名古屋旅から無事に帰還

ノープランの割りに楽しめた名古屋

結局、風邪は治らずに熱でぼうっとした僕は切符を落としたり車内に忘れ物をしたりと凡ミス連発

切符落とされましたよと拾っていただいたり

忘れ物されてますよと声をかけていただいたりとありがとう愛知県民

このお返しは山口県で困っている愛知県民がいたらお返しするぜ

今回の旅、名古屋の服屋巡りもしたんだけど

今日はどこから?(愛知のどこら辺の人?の意)

あー・・・旅行なんよ(愛知県民じゃないんですよの意)

えっ?旅行!?(名古屋なんかに?的なリアクション)

の流れを二度体験したんだけど、いやいや名古屋、十分楽しいよ

帰る頃にはもう一泊したいくらいに楽しめたよ

さてさて連休は残り6日

何をして過ごそうかなと






プロフィール

atushi

Author:atushi
画像の無断転用ご遠慮ください

お問い合わせありましたらお気軽に

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: